ここから本文です

三親等に犯罪者がいる人は警察官になれない、って本当ですか?

gha********さん

2015/1/718:01:38

三親等に犯罪者がいる人は警察官になれない、って本当ですか?

本当なら、理由は何ですか?

犯罪者の子は犯罪者。
犯罪を犯すような反社会的な性格は、血で遺伝する。
悪人は、身内も同種の人間。

ということですか?
真面目な質問です。感情論や憶測ではなく、真面目な、信憑性の高い、論理的で説得力のある御回答をお願いします!

閲覧数:
17,123
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bib********さん

2015/1/718:25:10

採用基準として明確化はされていないでしょう。
しかしながら、犯罪には動機があり、それには少なからず
家庭環境も影響していると考えるのが普通です。

選考・採用審査の結果、同程度の結果だった2名のうち
1名の身内に犯罪者が居たのであれば、もう1名を採用する
というのは当然だと思いますが。
ましてや治安維持を職業とするのに、家庭内で治安を乱す
人間が居るといのがマイナスポイントになるでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cha********さん

2015/1/718:22:56

こんばんは。
はい、それは落ちた人の言い訳のための都市伝説だと思います。
条件はありますが【本人が犯罪者、前歴者でも採用します】って旨の条文が採用するための法律に明記されています。

法律の執行機関である警察が法律違反や人権侵害をするはずはないと考えれば、本人ですら問題ないのに親族なんて論外だと解釈するのが一番妥当ですよね。

これに対して「でも身辺調査がある」と反論する人もいますが、このような場所で何を調べているのかまでは言えませんが、警察の行っている身辺調査はそこじゃないので問題ないと思います。

これに関しては過去の判例からも意見できます。
それは、捜査以外の照会は違法と判例があります。
採用のための照会は捜査外の照会です。

それに、親族の分まで総合照会をかけると一体どれだけ大変か。
まずは3親等内の親族を調べること自体がとんでもなく大変です。
そして、調べが付いても採用人数によってはかなりの人数を照会しないといけませんので、通常業務プラス莫大な人数となるわけですから下手をしたらそれのせいで照会業務がマヒします。
照会がマヒしたら職務質問が成り立ちませんので、著しい損害が出ます。
自分達の仕事をマヒさせる危険を負って、法律違反をして処罰される危険も負ってまで、そんなことをするとは到底思えません。

これらの法的な部分と、実務上の双方からそれは都市伝説の類だと思う。と意見させていただきました。
参考程度で。お邪魔しました。

dls********さん

2015/1/718:18:01

都市伝説の可能性が高いですね。

あるとしても地方ごとにばらばらで、たしょうの身辺調査をする程度といったとことでしょう。

犯罪者ではないが、共産党員や創価学会の親族でも警官に採用されています。

そして、もし親戚の犯罪で不採用は、<違法>なので昔はともかくいまはほとんどありえないことです。

もしほんとうにそうなっているなら、そういう法律や条例にもとづく必要がありますが、そんな法律はどこにもないです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる