ここから本文です

上越新幹線と北陸新幹線が連結することはないんでしょうか? なぜ、しないのでし...

sony_vaio_sumさん

2015/1/922:08:43

上越新幹線と北陸新幹線が連結することはないんでしょうか?
なぜ、しないのでしょうか?

東北新幹線と山形・秋田新幹線は福島・盛岡駅で連結をしています。
ミニ新幹線とフル規格新幹線という違いはありますが、東京ー大宮間の容量や東京駅のホームの運用を考えれば、選択肢に上がりそうですが・・・
上越・北陸新幹線はどちらも8両編成の列車があり、高崎駅での連結は物理的には可能のように見えます。
(連結器を搭載すればの話ですがw)

上越新幹線は減便されるのは、越後湯沢までの利用客が減少するのが理由ですから、減少分を1本あたりの両数で調整し、上越を6両、北陸を10両などとすれば全運転本数はもう少し稼げそうです。

北陸新幹線はE7系で12両編成が登場し、その可能性は全くないように思いますが、どういった理由があるのでしょう?
たしかに、「じゃあ、東北新幹線と北陸新幹線を大宮でくっつければいいんじゃないの?」と言われると、現実味がないようには感じますがw

みなさんの意見をお願いします。

閲覧数:
6,349
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pit********さん

2015/1/923:55:13

上越新幹線の「たにがわ」の減便ばかりが目立ちますが,
北陸新幹線だって短距離輸送の「あさま」が
今度のダイヤ改正で1日あたり27往復から16往復に減便です。
つまり,現行の車両を利用し続けた場合,純粋に座席数が
不足すると思われるのは東京~高崎~上田の短距離輸送分のみです。

一方で北陸新幹線長野以遠の長距離輸送は
純増(上越からの以降分含めて)と見られていますし,
また北陸新幹線現行区間でも需要が最大と見られる
長野~東京の利用ははくたか・かがやきにシフトが予想されます。
そうなると北陸新幹線の利用は長野~金沢>上田~高崎でしょうから
本数の多いはくたか・かがやきの利用を踏まえて,
可能な限り長編成化する必要があるわけです。

・・・でこれに対してJR東日本が提示した解答は
北陸→E2系8両編成(定員630名)を廃車して
E7・W7系(グランクラス除く定員900余名)へ一本化
ですね。短距離便の座席数維持と
遠方の需要増をセットでクリアするために
1編成あたりの定員増でカバーするつもりでしょう。

上越で座席が不足するようなら,E7系またはE7系ベースの
新車両開発で対応するような気がします。
もちろん,その場合は12両編成・定員900余名(かそれ以上)でしょうね。

質問した人からのコメント

2015/1/11 10:52:35

区間別の需要、12両E7系の導入経緯を考察されているこちらの回答をBAに選ばさせていただきます。
みなさんありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ぐたぐたさん

2015/1/1010:33:39

一時期、軽井沢までE4系が乗り入れていたことがありました。(臨時として)
そして、E4系どうしの高崎・越後湯沢での分割併合もありました。
https://www.youtube.com/watch?v=h5uPGBvqPEc
結果的に、分割併合しても乗る人が少ないことや
繁忙期にどちらにしても待っている時間が少なかったり、
車両のやりくりが難しかったりするため、結局は分割併合がなくなったのです。

ちなみにですが、すべての新幹線には連結器はついています。
ただ、E3・E6系などのように自動的にお鼻が開くものではありません。

mt0********さん

編集あり2015/1/1007:00:30

上越新幹線は、電源は50Hz専用車両です。

北陸新幹線は、60hz・50Hz併用車両です。

ですから、上越新幹線と北陸新幹線は、併結は出来ません。

高崎まで併結するというのですか?

それじゃあ、距離が短すぎますよ。

ben********さん

2015/1/1002:30:33

単純に、連結するとしたら2編成揃うまでの時間~連結完了までの時間(10分程度)がロスタイムなのではないでしょうか?

高崎で連結しても東京まで100km、時速200kmで走行したら30分で着いてしまいます。であれば単独で走行したほうが効率が良い。
北陸が大阪に伸びる事も考えて今のうち分けている可能性もあるし、逆に繋がったら東京駅の折り返し混雑解消のために連結する可能性も(笑)


一方東北新幹線の福島~東京は約250km、その間を連結して停車しながらの方が時刻表的にも駅側にとってもスムーズに運行できる。
その他にも空気抵抗が減り節電にもなるし
東京駅での折り返しの混雑が減る


連結のメリットはあるけど難しいですね

uch********さん

2015/1/923:27:18

E2系を最初に導入した時には、上越新幹線と長野新幹線とで分割併合の計画があったそうです。実現しませんでしたが。

推測でしか有りませんが、行われなかった理由は、新幹線にとって高崎が近すぎたのでしょう。
併合時には、待ち合わせに結構な時間を食います。
そのまま、大宮方向へばらばらで運行させた方が路線を占有しないとまでは言いませんが、同じ程度に占有します。
特に高崎駅を占有するのが、ダイヤ作成上大きなネックに成ります。
後は、大宮以南の路線容量の問題だけですが、ダイヤが乱れた時用に有る程度確保しておく必要はありますので、あまり意味が有りません。

ミニ新幹線の場合には併結距離が長いので、併結による利の方が大きいにですが、上越・長野新幹線の場合には、距離が短すぎてあまり利にならない様です。

ちなみに、最近の山形新幹線の臨時では併結しないで単独運行が増えています。その場合に全席指定と成る場合も多く成っています。

上越新幹線たにがわ減便で停車本数の影響を受けるのは、ほぼ越後湯沢駅のみの様です。
大宮高崎間の駅は北陸新幹線あさまの停車増によりほとんど影響を受けません。

yng********さん

2015/1/923:13:40

技術的な問題、安全面での問題だけでいえば可能です。
E4系が2編成つなげて16両で走っていますし、かつてJR東日本は東北新幹線のE2系が8連だった時代に、これを2本つなげて16両運転をすることを考慮していました(E2系に1編成だけ、両方の先頭車に他編成との連結システムを装備した編成があるのはこの名残です)。

ですがそれをしないのは別に理由があるはずです。

ここからは個人的な想像ですが、北陸新幹線と上越新幹線を連結して走らせると、どちらも輸送力が不足してしまうのだと思います。
今後の速度向上を考えると最高速度240km/hという訳にはいかず、8両編成でもそれ以上の収容力があるE4系を使うという事は考えられません。
すると平屋建て8両編成が限界ですが、現在の上越新幹線の状況も、想定される北陸新幹線の状況も、さすがにそれでは運びきれないのです。
かといって新幹線ではホームの延伸は難しく、どうしても最大16両以上にはできません。
このことは、現在の上越新幹線の多くの列車が10両編成以上で、8両編成はE4系に限られていることを思えば簡単に想像できることと思います。
上越新幹線が6両では足りないのは、そんな「現状」をしっかりと見ていればご理解頂けると思います。

もちろん空いている時間もありますが、空いている時間に合わせて編成数を決めたのでは、混雑時間にパンクしてしまいます。
空いている時間を基準に上越8両、北陸8両としたとしましょう。混雑時間はどちらの倍の16両編成にしなければならないという問題が発生します。北陸新幹線は16両編成入線に対応していないので結局どんなに混雑しても8両にしかできず、混雑時に運びきれないという問題が起きます。そこだけ本数を増やせばこんどは上越新幹線のダイヤにも影響してしまいます。

だから上越新幹線と北陸新幹線の連結運転は、現実的ではないのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる