ここから本文です

指輪の素材について教えてください。 指輪を購入する予定なのですが、素材で悩ん...

tak********さん

2015/1/1004:20:48

指輪の素材について教えてください。
指輪を購入する予定なのですが、素材で悩んでいます。
プラチナかステンレスで悩んでいます。
メリットデメリット等ありましたら記入していただければ、

嬉しいです。よろしくお願いいたします。

閲覧数:
126
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

rin********さん

2015/1/1017:26:22

詳しい方が回答されるかなと思っていましたが、ちょっと間違った回答が付いてしまったようなので補正します。

プラチナのメリットはもちろん、貴金属として変質しないので経年により価値が減少しないことです(相場の下落はありますが)。また貴金属最大のメリットとして、磨き直すことによって何度でも新品の輝きを取り戻せることが上げられると思います。サイズ直しなど、修整に応じやすいこともメリットのひとつです。
デメリットは高額なことと、比較的柔らかい金属のため小キズが付きやすいことです。プラチナ製品のほとんどは表面硬度を上げる目的で、ロジウムメッキが施されています。ロジウムはプラチナとほとんど同じ光沢を持った金属のため、メッキが剥がれても気が付かないことが多いですが、表面硬度は下がります。プラチナ製品を磨き直した場合は、ロジウムメッキも再度施されます。

ステンレスは昔は装身具の素材として用いられることは有りませんでしたが、最近はその光沢と錆びにくい(変色しにくい)こと、安価なことなどのメリットが注目されて装身具として活用されるようになっています。加工技術の進歩でデリケートな装身具という需要に応えられるようになったことや、宝石を留めることもできるようになったことが大きいと思います。
ステンレスのデメリットは修整ができないこと。できるかも知れませんが安価な素材ですから、サイズ直しをするくらいなら新しく買った方が安くなってしまいます。ステンレスは重いという回答がありますが、ステンレスの比重はプラチナの半分もありませんから軽いです。プラチナは全金属中でも最高ランクの比重が特徴です。

どちらが良いかは個人個人の好みでしょうから、ご自分の感覚にしっくり来る方を選ばれれば良いと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

shi********さん

2015/1/1313:50:42

【プラチナ】
ステンレスと比べて○
・ダイヤモンド等の石がセットされたり、デザイン的にも細かく意匠を凝らしたものも沢山選べる
・多少はリセールバリューが望める(最低でも地金買取はしてくれる)
・錆びる(酸化や腐食する)心配がより少ない

ステンレスと比べて×
・圧倒的に価格が高い
・傷が付き易い
・デザインや使い方によっては変形する事もある
・紛失などした時にリスク(大きな損失)がある
・同じデザインでも重く指が疲れる場合がある
(人によっては質感があってメリットになる事も)


【ステンレス】
プラチナと比べて○
・圧倒的に価格が安い
・傷が付きにくい
・変形し難い
・気軽に使える
・同じデザインでも軽く疲れにくい
(人にひょっては安っぽく感じデメリットになる事も)

プラチナと比べて×
・デザイン的に簡単なものが多い
・比較的製品が少ない
・リセールバリューはほぼ望めない
・ステンレスとは言っても、隙間などに汚れが溜まると錆びることがある



あと、金属アレルギーは人によって何に反応するかは違うので、どちらが安全と言う事は無いです。

普段の使い方やデザインを重視するか等、その辺りでまずは考えてみては如何でしょうか。

moy********さん

2015/1/1216:11:27

結婚指輪の話をしますと、私はステンレスにしました

普段着けてぼろぼろになるのをわかっていて高いものは身に付けられないので。。
あ、仕事で金属磨いたりするので、一緒に削るのが心配でして
普通の生活ではどちらもピカピカ鏡面が年と共に曇り加工になっていきますよ

質問からは逸れますが、プラチナを使ったネックレスと、ステンレスの指輪にしたらどうかな?と思いました

ooo********さん

2015/1/1123:20:19

ステンレスを選ぶ理由があるとすれば
プラチナに金属アレルギーが出る(稀ですけど皆無ではありません)
ぐらいです

プラチナのメリットは
貴金属としての資産的価値がある
デザインが豊富
サイズ直しがしやすい

デメリットは
高価な素材である
傷が付きやすい
変形しやすい

kou********さん

編集あり2015/1/1216:05:12

プラチナは傷つきやすいが、貴金属としての価値は高く、錆びることはない。

ステンレスは硬く、傷は比較的つきにくいが、重い。
貴金属としての価値は全くなく、物によってはメッキが剥げることもある。

どちらも金属アレルギーは起きにくい。
貴金属としての価値は無いが、金属アレルギーが一番起きにくいのはチタン。
硬いので傷も比較的つきにくいが、黒っぽいので華やかさには欠ける。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる