ここから本文です

ジブラルタ生命の豪ドル建てで終身保険【350万)を考えています。主な目的は、銀行...

ind********さん

2015/1/1219:47:40

ジブラルタ生命の豪ドル建てで終身保険【350万)を考えています。主な目的は、銀行に預けるぐらいなら生命保険にもなるし、約2%の利率に惹かれたからです。

100円で試算すると
350万+(2%×10年)=432万 です。今後80円を切ると元本割れです。今日は利率が1%台なのでまた2%台に乗ったら本格的に検討します。
みなさんならこの保険に預けますか?
また、保険の中でお勧めの物があったら教えてください。

閲覧数:
5,459
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

apm********さん

2015/1/1221:42:24

おれはいらん。
でもあんさんのすることを否定する気もないし肯定する気もない。
ご自由にどうぞ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pja********さん

2015/1/1708:59:59

ジブラルタ生命には豪ドル終身保険はありません。
保険料は平準払(月払、半年払、年払)て一時払のどちらですか?
平準払であれば、豪ドル特殊養老保険(リタイアメントインカム)の可能性があります。
これは新商品ですが、人それぞれの考えによりますが、あまりお勧めできません。
死亡保障を低く抑え貯蓄率を高めた養老保険です。
商品が複雑です。
保険の利率は積立予定利率と言い、銀行の利率とは意味合いが違いますので、注意が必要です。
保険外交員でも、その違いを理解している人はごく僅かで、間違って理解している人が圧倒的に多いです。特にジブラルタ生命はそうです。

rlk********さん

2015/1/1422:59:49

残念ながら、ジブラルタ生命には豪ドル終身保険はありません。
米ドル終身ならありますが…。
ただ個人通貨指定年金保険(養老保険の仲間)ならあり、質問文に10年って記載しているので、多分これじゃないのか?って前提で回答します。
この商品は最長10年で利率は豪ドルで1.8%です。
満期を迎えると一時金として受け取れますし、年金として受け取れますし、また外貨で受けとることが出来ます。
利率はいいと思いますが、デメリットは為替変動(豪ドル安)により、死亡保障が下がったり、満期受取金が元本割れをする恐れがあります。
なので以前豪ドルが一時50円台でこの保険にご加入された方はウハウハですし、また高値でご加入された方は損する恐れがあります。
ただいずれ起こるだろうといわれている日本のインフレ対策に備えるために外貨を持ちたいというのならば、受け取りを外貨等にして備えるのもありだと思います。
私なら今現在世界の基軸であるドルを考えていて、円高になるチャンスを伺っています。
また損してもいいやと思う金額(余裕資金)でやった方がいいと思います。

ckb********さん

2015/1/1300:00:54

ご自身の価値観だと思います。しょっちゅうオーストラリアに旅行したり出張が多いなど、豪ドル口座を持っている人ならメリットはありそうです。
為替差損のリスクは読めませんので、日本での生活基盤しかない人にとっては、リスクを承知でのトライになると思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる