ここから本文です

ホテルの結婚式場で2歳の息子が死亡事故に遭いました。 昨年の10月のことで...

hekimixさん

2015/1/1423:28:38

ホテルの結婚式場で2歳の息子が死亡事故に遭いました。

昨年の10月のことです。
西新宿にある某外資系ホテルの結婚式場の待合スペースのソファに2歳の息子が座っていました。

外が気になったのか、突然立ち上がってソファの上の窓によりかかると、その窓が開いてしまい、そのまま外に転落しました。すぐ隣の救急病院に搬送されました。

警察による現場検証がありましたが、建築基準法違反などの明確な法令違反があるわけではないので、立件は難しいので、民事で争うしかないと言われました。
(事故直後、私たちは病院にいたので、現場検証に立ち会えませんでした)


一ヶ月後、息子は息を引き取りました。。。


何が起きたのか知りたいですし、安全配慮責任がホテル側にもあると思うので、現場の状況をみたいと思い、ホテル側に現場を見させて欲しい旨お願いしましたが、応じてもらえませんでした。理由は「特にない」との返事でした。

裁判を起こして真理を明らかにしたいと話すと、
「娘さんを巻き込んで、彼女を傷つけることになりますよ」と脅しにもとれることを言われました。
(当時、現場には上の娘もいました)

また、事故後、ホテル側からの連絡は一切ありませんでした。
弁護士をとおして聞いた話だと、

「外国人が経営してるホテルで、全世界共通のスタンダードで動いてるので、立件されてない以上我々に責任はない。法的責任がないので、日本人のようにお見舞いをするという考えはない」
ということらしいです。

なんか日本人をバカにしたような言い方でした。

この事故が起きたことは知らずに、その事故現場で、今日も日本人が結婚式をあげています。。。

裁判を起こしてこのことを公にしたいですが、その一方で娘への精神的な影響が心配です。
かといって、このままこの事故が闇に葬られるのも悔しいです。

どうしていいか、わかりません。
知恵をお貸しください。。。

補足ご回答ありがとうございます。

でも、本当に娘を守れるのでしょうか?

ヒルトン側には、裁判になれば、娘さんに証言してもらうことになるから、彼女のためにも裁判にしない方がいいという脅しともとれることを言われています。

こういうのも、交渉のやり方なのかもしれませんが、卑劣過ぎます。

閲覧数:
104,616
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

鬼沢健士さんの画像

専門家

2015/1/1516:09:59

お待たせしました。弁護士です。

まずは、ご心痛お察しいたします。

さて、裁判を起こして公にとのことですが、記者会見でもすればいいその目的は達せられると思います。
ただ、本来の目的はそこではないですよね。息子さんが亡くなった無念を少しでも晴らしたいということではないでしょうか。
それは公にすることではなく、賠償責任を追及する方がいいのではないかと思います。

そして、肝心の裁判ですが、断片的に情報をうかがった限りですが、完全に負けという事案ではないように思います。
ただ、勝てるとも限りません。
本件は勝敗を事前に完全に予測することはできません。

娘さんへの精神的負担ですが、裁判したことを教えず、途中経過も知らせなければいいのではないですか。
仮に知らせたとしても、息子さんの無念のために戦っているのですから、そこは理解を示してくれるのではないでしょうか。
あとは、ご自身への精神的負担も考慮に入れてください。
現にこうして質問と投稿するだけでも「あなたが悪い」という方がいらっしゃいます。

裁判をやってみる価値が間違いなくある点とすれば、このまま泣き寝入りはしなかったという証を作れることです。

いずれにせよ、本件は死亡事故という重大な案件であること、
このまま質問を続けると、質問者様自身を批判する声が続くことを考えると、
こういったネットでの相談は控えた方がいいです。

少しでも裁判をやるつもりがあるなら、弁護士に相談することをおすすめします。

  • 2015/01/1612:53:52

    ご質問から勝手に推測していたのですが、娘さんも幼いのではないですか。もしそうでしたら、証人になる可能性は低いと思います。また、その状況を全く知らないのでしたら、証言することもできないですしね。

    本件は非常に興味があり、知り合いの弁護士にも見解を聞いてみました。やはり当職と同様の意見でした。
    勝てるかもしれないし、負けるかもしれない。勝ったとしても減額があり得るという微妙なものです。どちらかというと勝訴寄りでしたが。

    ホテルが裁判をやめるように言うということは、逆に責任を感じているから裁判されたくないというのもあるでしょう。

    こうした文字のやりとりより、話した方がすぐに伝わって良いですよ。
    少なくともここでやりとりしても何も進みませんから、訴訟をしないにしても、何かしらの現実の行動に移した方がよろしいかと存じます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

鬼沢健士さんの画像

鬼沢健士

弁護士

親身、ていねいをモットーに、わかりやすい説明を心がけています

交通事故案件は、被害者側専門、完全成功報酬制が基本です。メール相談可。連絡先明記の上、保険会社提示書面をメールかFAXするだけで返答いたします。 料金表はこちら→http://jobanlaw.com/koutsuujiko.html 知恵袋経由の方は、1割引きです(報酬率20%の場...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2015/1/1506:48:16

最愛のお子様をなくされ、さぞご心痛のこととお察し申し上げます。

御質問者のなさりたいことはなんでしょうか?

よく、真実を知りたいとおっしゃって、裁判を起こそうとされる方がいらっしゃいますが、残念ながら、裁判には、真相解明機能はありません。裁判では、相対立する主張を戦わせ、裁判所がどちらの主張が認められるか判断するものですから、事実関係がわからないまま、真相を明らかにしてくださいという訴えはありません。また、場合によっては、ホテル側には責任はなかったという判決になることもありますが、それも御質問者が求めた真実であるということになりますが、それで納得できる自信はありますか?自分に主張が否定されることも覚悟した上での裁判でないと、不満を残すだけです。裁判とは、所詮、実態的真実を明らかにすることなどできないものであることを、ご理解されたほうがいいと思います。
また、事故を公にしたいとのことですが、裁判を起こしても、御質問者が期待するような公にはなりません。裁判は、公開とはいえ、事実上は、当事者しかわからないように進みますし、相手方が公にならないように進めることも、不可能ではありません。
結局、御質問者が求めるような結果は、裁判の制度的な機能としては予定されていないということです。

それでも、裁判という選択をされるのであれば、知恵袋なんていう、いわば、責任の所在のはっきりしないところで、質問などされるよりも、知り合いを通じて弁護士の紹介をしてもらうとか、公的機関の法律相談に行くとか、弁護士会の相談や、法テラスなど、素性の分かっているルートで、弁護士にご依頼されることをお勧めします。

最近は(かつてもあまり変わりはありませんでしたが)、弁護士といっても、ピンからキリまでいるので、弁護士の選任も、相当慎重にしてください。亡くなられた息子さんのご無念を晴らすためです。くれぐれも、おかしな弁護士にご依頼されないようお気をつけください。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kiyo_tc9122pさん

2015/1/1500:13:11

まず,大切なお子様を失い,心痛は計り知れないものでしょう。お悔やみとお見舞いを申し上げます。

さて,責任がホテル側だけにあるのではないということをきちんと理解してください。
ホテルについては「子供が寄りかかる程度で窓が開き,転落する事故になった」ということになりますが「それを予見できることが出来たか?」ということが過失責任の有無になるでしょう。
例えば,普段は「押したぐらいでは窓が開かないようにロックしていたが,この日たまたま何かの理由でロックがかかっていなかった」なら過失となる可能性があります。
また,窓の開き具合についても「容易に人が落ちる程度まで開く」というものであれば,これも過失が認められるかもしれません。

一方,あなた方には「2歳の子供が危険な行動を取らないように,監督しておく義務があった」と言えます。
この両者の過失のせめぎあいになるでしょうね。

相手のホテルが「刑事立件されていないから,賠償等はしない」というのは,日本では通りません。
刑事責任と民事責任は全く別のものです。
過去に刑事裁判では「被疑者には犯行を裏付ける動機や証拠等がない」として無罪になったのに,民事裁判では「被疑者の犯行でしかありえない」として,民事・刑事が全く正反対の判決を出していることがあります。

ですので,刑事事件になるかどうかは別として,民事訴訟に持ち込むことは不可能ではありません。一度,弁護士さんに相談されてはどうでしょうか?
また,娘さんを巻き込むという事は否定できません。
だからと言って,ホテル側の過失を問う訴訟をあきらめる理由にはなりません。
娘さんにとっては辛い出来事を思い出すことになるかもしれませんが,弟さんとわずかな人生を共にしたという記憶は強いものになるでしょう。

弁護士さんと相談し「民事訴訟を起こせば,勝てるだろう」という話になれば,訴えを起こされてはどうでしょうか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jdue783fdさん

2015/1/1500:06:49

あなたが世間から叩かれようと、似たような事故がなくなるのはいいことです。


弁護士事務所を相談して回るなどできることはあります。

めんどくさがりの弁護士は相手にしてくれないかもしれませんが、
相手にしてくれる弁護士もいるはずです。


ただ、客観的に見ると、親の不注意であり、
ソファを窓の下に置いたホテル側の責任を問うようなケースではありません。


そうなれば、階段もホテルに設置できなくなるし、
窓も10センチくらいしか開閉できないようにしなくてはいけません。
ホテル内に幼児の立ち入りを禁止しないといけません。


たまたま窓の下にソファを置いた人を人殺しにしたいのか知りませんが、
さすがに、そのようなケースは厳しいかもしれません。


おそらく、裁判にしたら、「親のお前が悪い」となってしまう可能性も非常に高いです。

しかし、「窓に下にソファを置くのを禁止」くらいのルールができる可能性もあります。


なんせ、弁護士です。無料の知恵袋になにを書いているのでしょうか?

お金をしっかり稼いで、お金を払って、色々な弁護士を回りましょう。


ちなみに、世の中の人は冷たいので、自分から謝るなんてことはありませんよ。

謝らないと罪が増えたり、裁判でフリになるとわかってから謝るのです。

あきらかに人をはねても、逃げようとするようなニュースなんて山ほど見たことがあるでしょう。


※返信はぜったいにいりません。返信機能はつかわないでください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。