ここから本文です

男たちの大和見ていて思ったんですが・・・

dai********さん

2008/1/105:12:20

男たちの大和見ていて思ったんですが・・・

敵機の機銃掃射でかなりの機銃に配置されている兵隊が死んでいるように見えたのですが、現実でもそうだったんでしょうか?

閲覧数:
7,517
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

2008/1/106:55:13

艦上爆撃機、攻撃機の機銃掃射は敵攻撃という意味合いよりも爆撃、雷撃のベストポジションを取るために行います。つまり、機銃弾が正確に敵艦に当たるようならば、爆弾、魚雷も当たる(射線といいます)わけです。
記録では大和の最後の戦いである坊ノ岬沖海戦では魚雷10本、爆弾5発以上を受けたとされていますから、少なくともそれと同数の命中機銃掃射があったわけです。また既に爆撃、雷撃を終了した機でも、高等戦術として再度爆雷撃の姿勢から機銃掃射をして相手の操舵を混乱させることで次攻撃の目標にしやすくする戦法があります。(大型艦は一度舵が効きだすと数分間はそのまま)

大和戦闘詳報では、沈没時第二艦隊司令長官伊藤整一中将、艦長有賀大佐以下乗員2498名戦死、生存者276名です。乗組員数は武蔵の時より250名程増加していますが、これは昭和19年12月の修理工事で機関銃の増設等があったためと思われますが、乗組員の九割が甲板上に出ている戦争なんてありえませんから、いかに艦内での爆発がすごかったか、、、ということでしょう。

大和の25㎜三連装機銃中、昭和20年4月時点では50基中24基が盾つき、26基が盾なしで、盾なしの機銃座では主砲発砲時に配員不能とされ、当然敵の爆弾の破片も飛んで来る状態だった、と記録にはあります。

「男たちの大和」ですが、機銃座の爆弾が当たって大和戦闘員が吹き飛ぶシーン、何回も同じフィルムを使用して興ざめでした。

質問した人からのコメント

2008/1/5 00:39:22

ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

man********さん

2008/1/108:40:13

延べで、戦闘機180機・爆撃機75機・雷撃機131機が参加していますので
現実でも、戦闘機は機銃やロケット弾での攻撃に参加しています。
又、雷爆も投弾後に旋回機銃等で掃射もされています。
上甲板での兵員を殺傷する為には有効ですし、機銃でシールドの付いた正規機銃でも
本来は主砲発砲時の爆風避けですから、弾片は避けれても銃弾には無力です。
ましてや、多数増設されていた特設機銃群は剥き出しですから有効です。
当時の戦闘では、雲が低く、高角砲は余り撃てず、機銃に頼らなければならなく
雲を抜けて、低いトコからいきなり敵機が現れる為、苦戦した模様ですね。

kis********さん

2008/1/105:25:15

あのへんは演出であり、フィクションだと思います。
通常、戦闘機が戦艦相手に機銃弾を当てられる距離まで肉薄し、
あろうこうとか掃射するなど考えられません。
艦爆、艦攻にももちろん申し訳程度に機銃が装備されていますが、
戦艦に対して機銃で攻撃してもまず効果がないのです。
そればかりか、撃墜の危険すらあります。

とはいうものの、上記は安全な「時」と「場所」にいる私の机上の空論であり、
戦場ではときに通常では考えもつかないような事態が発生するものです。
実際に映画のような場面はあったかもしれませんね。
こればかりは生き残りの大和搭乗員、米国の航空機乗りの方に聞くか、
公式戦史にあたらないとわかりません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる