「あね(姉)」という言葉のアクセントは、「あ」につけるのが普通なのか?「ね」につけるのが普通なのか?分からなくなりました。一体どちらが普通なのでしょうか? 去年の末辺りに、秋篠宮家

補足

国語辞典で調べると、「あね」のアクセント記号は「0」で、これは、「ね」の方にアクセントを置いて言うことを意味します。 佳子さまの発音は誤りだったのでしょうか?それにしては、佳子さまは会見中、全く間違えたようなそぶりは見せず、自然と「あ」にアクセントを置いて話していたのですが。

日本語12,456閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

6

6人がナイス!しています

その他の回答(2件)

9

共通語では「姉」のアクセントは「低高」だから、気になった人が多かったようです。このカテでも何件か質問がありました。別に宮中固有の伝統ではなく(たぶん)、個人のクセまたは緊張によるものでしょう。 「兄」のアクセントに引きずられたか、英語だからアクセントの原理が違うけどひょっとして「アナ雪」の影響か(これは冗談です)。

9人がナイス!しています

10

「あね」は「低高」です。東京標準ではこれしかありません。

10人がナイス!しています