ここから本文です

合格者と入学者の数の違いについておしえてください。 今週にも中学受験を迎え...

hok********さん

2015/1/2211:26:05

合格者と入学者の数の違いについておしえてください。

今週にも中学受験を迎える子供がおります。

定員は160名ですが、ある学習塾の調査ですと受験者数は約600名に対して合格者数は約400名となって合格倍率は約1.5倍になっていました。

合格者が全員入るわけではないことはわかっておりますが、学校は追加の合格者数はどうやって導き出すのでしょうか?

また、補欠合格というのもよく聞きますが、これは人数調整の具合によっては入れるといったもののことなのでしょうか?

閲覧数:
1,005
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oma********さん

2015/1/2213:22:46

多くの学校では事前にアンケートでどの学校を受験するのか確認しています。

第一志望とする生徒は入学してくれますし、第二志望以下の受験生なら他の学校を受験しますよね。受験生の成績を見れば第一志望に合格するかどうかの推定ができます。
特に、成績の良かった生徒が下位志望にしていれば、まず入学してくれないでしょう。


これらと例年の辞退者を照らし合わせればだいたいの入学者数が予想できます。


補欠についてですが、その通りです。
辞退者が多ければ、補欠者の中から点数の高い順番に繰り上げ合格になります。
補欠者からの合格が一人もいない場合もあれば、補欠者のほとんどが合格になる場合もあります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bhshc2014さん

2015/1/2522:09:34

恐らく、「専願」は受かれば必ず入学すると言う誓約。
「併願」は、受かっても必ずしも入学するとは限らない。
ということです。
この中学は、例年のデータから、かなり水増しして合格者を出して、もし実際の入学者が少ないときには、「追加合格」ということで「補欠合格」をさせ、場合によっては「入学金などを多め支払う」ことを条件に入学させるということがあるのかも。
ちょっと憶測が入りますが。

if_********さん

2015/1/2213:08:57

ご承知の通り合格者が全員入学する訳ではないので合格者>入学者です。学校は過去の入学者数をもとに合格者数を割り増しします。ですから、受験者数÷合格者数=実質倍率です。入学手続き者が見込みより少なくなると判断した時補欠者から繰り上げ合格者を出します。つまり補欠者≠合格者です。

2015/1/2212:58:55

それは私立の話しでしょう?

公立は定員以上合格させませんが、私立は他の私立・公立に入学する生徒も見込んで予め多めに合格させます。
いわゆる滑り止め私立ほど水増し合格者の数は多く、難関私立ほど定員=合格者に近づきます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる