AUXのケーブルは値段によって違いはありますか?

オーディオ4,206閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

失礼いたしました。無酸素ではなく無酸素銅(OFC)です。変わらないと言っても200~300円のケーブルと無酸素銅とではかなり違いますのでオーディオ用のケーブルで700~1000円程度のものをお使いになることをお勧めします。 逆にこのクラスのケーブルと5000~10000円のケーブルの違いはかなり微妙で評論家でもブラインドテストでは殆ど当たっていません。高価なケーブルの中にはロジュームメッキプラグに純銀線など殆ど貴金属の世界になってくるだけです。 相当クオリティが高いシステムであれば違いが出ますが、RCAケーブルによる音に違いは微妙な違いであることを申し上げます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しくありがとうございます!

お礼日時:2015/1/25 2:59

その他の回答(7件)

0

1本300円くらいの物から1,000,000円近い物までありますが、勿論「違い」はあります。開発費含めて構造的に作る手間がかかっている物や無酸素銅や銀線を含めて素材費が高い物等様々。 音質に関しては貴方の感性や使用システムにもよるところが大きいですが、経験上は違いは確かにあります。これを「微々たる差」というか「大差」と考えるかは人にもよりますね(ケーブルにかけるお金と「音質差」を比較したらCPコスオパフォーマンスが高いとは間違っても言えないと思います:ケーブルにお金かけるなら他の機材にお金かけた方が効果が大きい)。まあ趣味なので買う人が居るから商売になる訳ですけど。 また、ケーブルは音に「色付けしないで正確に信号を伝送するもの」と言う考え方を超越して、メーカーによっては「音作りをするもの」という考えもあります。つまり、高いケーブルを使うと「元々の音より良くなる!エッ?」っていう考えです。これが良いのか悪いかは知りませんが、その意図で作られた超高額なケーブルは比較的差が判り易いです。 この質問の文面から考えて1本1000円くらいのケーブルを買われれば信頼性も音質も必要十分ではないかと思います。

0

はじめまして♪ まぁ、中には同じ物でも販売価格が違う、という部分は有りますが、、、、 基本的には、「違いが有ります」 中の電線(導体)素材や加工方法や品質等に違いが有る。 導体を覆う絶縁部、外周の素材、プラグの構成や、導体とプラグの端子への接続方法等が違って来ます。 結果として、外観も違ってくる。 こういう違いは、確実に有ります。

1

デザインの違い位です。 (デザインにお金をかけている)

1人がナイス!しています

0

値段によるケーブルの違いで、極端な音質の違いは出て来ません。殆どの場合、人間の耳には検知不能なレベルの変化です。 もし、大幅に音質が変化した場合は、私なら接続部の接触不良を疑います。