ここから本文です

上杉景勝が本能寺の変後に玉砕した魚津城の奪回の為に越中ではなく北信濃に侵攻し...

jaz********さん

2015/1/2503:08:31

上杉景勝が本能寺の変後に玉砕した魚津城の奪回の為に越中ではなく北信濃に侵攻したのは、越中には佐々成政など強大な織田氏の勢力が残存していたからですか?

閲覧数:
341
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uri********さん

2015/1/2514:09:24

佐々の存在はたしかに大きいですし、北信濃は森長可が帰ってしまったため空白地帯です。
軍事上は普通の判断でしょう。

それ以上に国浦(旧村上)、井上、島津、須田といった旧領復帰を望む謙信時代からの北信武将という政治上の理由もありますし、先々を考えれば対徳川の緩衝帯を深く、前線をなるべく先にしておく必要があり、小笠原貞種を擁して深志城(松本城)まで侵攻してます。
越中は親不知の天険がありますから攻めにくいですが守りやすく、政治上も志向する理由はありません。

むしろ見るべきは関東を志向していないという点でしょう。
滝川一益帰還後の沼田城も真田が占領してそれで良しとしする淡白な反応にとどまり、ほとんど執着してません。

質問した人からのコメント

2015/1/29 21:01:44

成功 有難う御座いました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bir********さん

2015/1/2508:37:22

越中は織田が攻めてくるまで統一領主が越中には
存在せず、越中の諸領主と加賀の一向一揆が
越中にも一向一揆の浸透あって分裂状態で、
これを織田と越後上杉が、越中に武力介入した。
織田は越中の諸武家の幾つか、をダマシウチして
討ち越中を征服しようとした、越中の一向一揆も
本能寺の変の直前は、ほぼ制圧、よって、
越後上杉は越中を あきらめて他方面に進出
したと考えるのが自然では、ないでしょうか。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる