ここから本文です

ジャガイモシストセンチュウについて。 自分の畑と隣人の畑が地続きの場合はジ...

sol********さん

2015/1/2900:16:05

ジャガイモシストセンチュウについて。

自分の畑と隣人の畑が地続きの場合はジャガイモシストセンチュウが持ち込まれるリスクは常にありますか?

閲覧数:
128
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

a5a********さん

2015/1/2918:29:51

線虫の卵が入っている土が耳かき1つ、入っても長い年月のあとになりますがジャガイモの被害が出て来ます。

1.風で土が飛んでくる。トラクタや車が走ったときなど砂煙を立てて行きますから飛んできます。
2.出入りするとき長靴、農機具、トラクタに土がついていますから入ってきます。
守る対策として抵抗性品種の栽培が効果があります。隣人にもお勧めです。
しかし線虫0にはできません。
4年に一回抵抗性品種を栽培するとして、20年もすると、被害がわからないほどに減少するでしょう。しかし土の表面から30㎝までの土を焼き殺すほどの効果があるかどうかわかりません。
20年もしたら普通の品種を栽培してみて、花の咲く頃、全株を眺めて、葉が少し黄色いものを引き抜き根にケシツブサイズの黄色いシスト(写真)がついているか調べたらいい。
これが見られるうちは 抵抗性品種を栽培し続けるといい。

線虫の卵が入っている土が耳かき1つ、入っても長い年月のあとになりますがジャガイモの被害が出て来ます。
例...

質問した人からのコメント

2015/1/30 15:19:28

どうもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

mas********さん

2015/1/2911:14:36

勿論有ります、じゃが芋シストセンチュウは寄生植物が無くても
10年は生き続けられるとされて居ます。
2期幼虫が根に侵入し養分を吸収し数回の脱皮を繰り返しメス成虫は
シストと成り圃場に残るのですがそのシストの中には300~500の
卵が有りこれが増殖するのです。一旦入った圃場では絶滅する事は
有りませんが薬剤等の使用で減少はしますが地域全体での対策でないと
効果は有りません。
進入経路は土の着いた履物や道具や栽培物等多数です。
センチュウの発見は根に付いたシストの有無ですが、
小さなイクラの様な物体です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる