ここから本文です

ウンベラータが、冬なのに水あげすぎで根腐れした模様です。 下部と上部に葉がつ...

swe********さん

2015/2/1710:49:41

ウンベラータが、冬なのに水あげすぎで根腐れした模様です。
下部と上部に葉がついているのですが、特に今、下部の葉が全部しおれてぐったりしてしまっています。

この場合、水やりをストップして様子を見ている方がいいのか、早急に腐った根っこを切り取って、植え替えをした方が良いのか、詳しい方教えてください<m(__)m>
関連サイトを見ていると、植え替えは今の時期するのは避けた方が良いという文章が多く、様子を見るしかないのかな・・と思っていますが(;_;)

閲覧数:
1,701
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rab********さん

2015/2/1711:44:29

難しい判断ですね。
確かに今の時期は植え替えの時ではありませんが、根腐れを起こしている場合はどんどん進行しますので、やむを得ず処置した方が良いと思います。

まず、根腐れかどうか見てみましょう。
水を遣って鉢土を湿らせます。
そっと鉢から抜き出して根を見て下さい、根腐れしている場合は指で軽く掻いてみると土と根(腐った)が一緒になって崩れ落ちます。

白い根でびっしり埋まっていて鉢の形のまま崩れないようでしたら、根詰まりが考えられます、鉢増しをするようにします(これは、一回り大きい鉢に新しい土を足すだけですので省きます)。

根腐れだったら、軽く漉くようにしながら半分くらいの土と褐色色になった根を落とします。

鉢の土はすべて新しい土を使います。赤玉土7、腐葉土3、それにバーミキュライトをふた握りほど混ぜて作ります。

下に層が出来るように土を入れた鉢に株を戻します。根の周りに土を足したら水の代わりに「メネデール」の希薄液を与え、根と土が密着するようにしっかり植えつけます。

最後に再度希薄液をたっぷり遣って下さい。そして支柱を立てて、根元がグラつかないよう固定してください。グラグラしていると根の活着が悪くなります。

そのまま、そっと明るい場所に置いて、土が乾いたら再度希薄液をたっぷりやって乾くまで待ちます。

これから暖かくなる時期ですので、手入れと環境さえよければ気候的には大丈夫だと思います。1、2週間で動きが出て来ると思いますよ。

進行を承知でもう少し様子を見るのでしたら、鉢土の所どころに細い棒で通気孔をあけて酸素を確保して下さい。
水はやらずに、そのまま暖かい明るい場所で暖かくなるもで待ちます。ただし、根腐れの状態が分かりませんので、これで現状維持できるかどうかは分かりません。

質問した人からのコメント

2015/2/20 16:29:30

ご丁寧に、ありがとうございます。
本日根腐れか確認のために鉢から抜き出して見てみました。
すると、根元の方から半分以上、ごぼうを白くしたような根っこがついていて、腐っている様子はありませんでした…
でも、下の葉はあいかわらずぐったり、シワシワで、幹もブヨブヨしています。
かれこれ5年ほど育ててきてこんなの初めてで、いつもより水もあげすぎていた感はあったので根腐れと思ったのですが>_<

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

meg********さん

2015/2/1717:10:08

あなたの家庭の事情を無視します。

根腐れかどうかは根を観察しないとわかりません。あなたの家のどこかで常時10℃以上を維持して、根を調べて、腐ったり痛んでいるようならそれが原因の落葉かもしれません。その原因を知るにはあなたのこれまでの管理状態を知る必要があります。が、それが何も書かれていませんね。

とにかく状況不明ですが、まあ低温と水の過多が疑われます。私なら、その点に注意するだけです。植え替えなんてしません。

tom********さん

2015/2/1713:38:24

室温が低すぎて傷んだだけでしょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

flo********さん

2015/2/1712:27:45

下葉から萎れていく症状は根の調子に大いに関係がありますが、本当に根腐れですか?水はどの程度の頻度でかけていたのでしょう?常時土は湿っていたのでしょうか?
潅水時に程よく吸水されているのなら、根詰まりではなく根腐れの方向かもしれません。
根腐れらしいけど、このまま様子を観る~~では悪化を辿るのみでしょう。

根腐れと疑わしい場合は、植替え適期でなくても出来る限りの手立てはやった方が良いというのが自分の考えです。ダメもと精神(>_<)ですが。
大きなビニールシートを広げ鉢からそっと抜いてみます。この時よく観察しながら・・・全て丁寧作業です。

◆根だけがすぽっと抜けるのなら根腐れの可能性大。
根腐れの場合は根が死んでいるので土に絡んでいません。諦めます。
残った地上部を挿し木に・・・・赤玉土とバーミキュライト混合でも単用可。
気温に気をつけてください。挿し木の場合あまり茎の長さを長くしないで節目を入れる事です。

◆根鉢が崩れないで抜けた場合
根鉢を抜いても根鉢が崩れずしっかりしている場合、あちこち点検です。
白根が沢山ある場合は再生の可能性大。底周辺などの汚い根を少し整理し、軽く土をほぐして元に戻します。この時、鉢と の隙間には前の土は使わず新しい土です。
底土の近くには園芸用ゼオライト、又はミリオン(珪酸塩白土)を土に混ぜます。根腐れ防止剤の役目もあります。
根腐れは根が水の為に酸欠になり窒息します、そこへ細菌が付着して腐っていくのです。

◆植替え後の事
水は直後はたっぷりと、その後は2~3日位は根を乾燥させない程度に。その後は土が乾いてから、定期的~~はダメです。受け皿の水は捨てます。亜熱帯の植物は一般的に冬は乾燥気味に育てると良いです。

置き場所は暖房の風が直接当たらない気温がある場所(15~18℃以上)。すぐ窓際ではなく徐々に陽を当てていきます。夜間も注意ですね。今回、葉は全部落ちるかもしれませんが春には芽吹きます。
肥料などは、まだ先の事です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる