ここから本文です

商品を送る際、お客様に一律で送料をいただいております。 一律ですので、実費と...

erh********さん

2015/2/2415:26:14

商品を送る際、お客様に一律で送料をいただいております。
一律ですので、実費との差額が出ることがあります。
この差額はどのように処理するのが一番よいのでしょうか?

3パターン考えました。
商品代4860円 送料600円 送料実費400円の場合
1.
売掛金5460円/売上5460円
送料支払時 運賃400円/現預金400円

2.
売掛金5460円/売上4860円
立替金600円
送料支払時 運賃600円/現預金400円
雑収入200円

3.
売掛金4860円/売上4860円
運賃600円/立替金600円
送料支払時 立替金600円/現預金400円
雑収入200円

税的にもどの方法が一番よいと思われますか?
ダメな理由、よい理由を聞かせていただけたらと思います。
また、他によい仕訳がありますでしょうか

閲覧数:
5,906
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ple********さん

2015/2/2416:47:53

お客様負担の送料についての処理は大きく2種類に別れます。
A、【売上】に含めてしまう。
B、【預り金】で処理する。

うちは後者で処理していますが、一般的には前者の処理が多いです。
どちらの処理でも正しいです。
売上げに含めてしまうのが処理方法としては簡単ですが、
売上高が下駄を履いてしまうデメリットがあります。

売上げに含める場合の仕訳は以下のとおり。

【売掛金】5,460 /【売上】5,460

送料は全て【荷造運賃】で処理をして費用計上するので、
実費とお客様から頂く金額の差は考える必要がありません。

売上げに含めない場合は以下のとおり。

運送会社に運賃をいつ支払うのか? に依ります。

1、商品発送時に支払う場合。

・商品発送時
【売掛金】4,860 /【売上】4,860
【立替金】 400 /【現金】 400

・お客様から入金があった時
【普通預金】5,260 /【売掛金】4,860
........................../【立替金】 400
........................../【雑収入】 200


2、月締めで支払う場合。

・商品発送時 ※送料についての処理はしない。
【売掛金】4,860 /【売上】4,860

・お客様から入金があった時
【普通預金】5,460 /【売掛金】4,860
........................../【預り金】 400
........................../【雑収入】 200

・運送会社へ支払った時
【預り金】 400 /【普通預金】400

  • 質問者

    erh********さん

    2015/2/2417:58:41

    ありがとうございます。雑収入を使うと明細とかが要りようになり面倒だと聞いた事があるのですが。。。
    売上に入れてしまうと、たしかにたくさん売れたように感じますね。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/2/25 14:28:04

感謝 ありがとうございました。
売上に含めない形で処理することにしました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

inc********さん

2015/2/2507:20:12

1の方法が良いと思います。

まず、処理が単純で簡単だということ。
シンプルイズベストという言葉もあるように簡単な処理が一番コストがかからず、ミスも少ない。

会計事務所が簡単な方法を推奨するのは、クライアントのミスが少ない方法を推奨するという意味合いもあります。
加えて、手間のかかる処理が多いクライアントは当然報酬も高くなります。(手間のかからない処理の方がコストが安い。)

クライアント側でも、2や3で処理する場合には1に比べて処理するのに時間がかかります。
売上時に立替金(預り金)計上したものが誰からのものかがきちんと追えないと決算時にきちんとした処理ができません。
立替金計上したものがきちんと支払われているか、支払われたときに立替金を消す処理がきちんとなされているか、立替金を消す処理のときにきちんと雑収入に計上されているかなどの後処理にも時間がかかります。
つまり、経理に時間がかかるのでその分の人件費が生じます。(手間のかかる処理はコストがかかる。)

2や3の処理の場合、発送時に商品代4,860円しか収入金額(益金)に計上されていないため、運賃計上時までの間に決算が入った場合、運賃の未払いと雑収入の計上をきちんとやらないと、収入金額(益金)を先送りすることになり、所得税法(法人税法)上問題となる。

預り金というのは本来実額を預り、そのままの金額を支払うものをいうと思います。
そうすると、差額が生ずるようなものを預り金処理して良いのかという疑問が生じます。
売上5,460円で、送料業者負担と考えた方が実態に即しているのではないかということです。
こう考えると2や3の処理では収益と費用が相殺されていることになり、消費税について簡易課税を選択している場合には、税務署から何らかの指摘を受ける可能性があります。

どうしても2や3のような処理をしたいというのであれば、預りで差額の出るような処理は避けた方が良い。

お客様には、商品代金5,460円(送料込み)と表示しておき、
販売時には、
(借方)売掛金、5,460円/(貸方)売上、5,060円
////////////(貸方)預り金、400円(実額を計上)

運賃支払い時
(借方)預り金、400円/(貸方)現金預金、400円

という処理の方が良いと思います。

god********さん

2015/2/2418:49:28

1日1件くらいであれば、その都度立替金や預り金で処理し、差額を雑収入で処理するということも可能でしょうが、余り重要でないことに手間が掛けることは控えるべきだし、運賃が翌月一括払いとなると、差額を出す、照合する手間も大変な労力です。

よって、運賃を代金と同時に入金した時は
(借)普通預金 10600 (貸)売掛金 10000
--------------------- (貸)運賃 600

その都度、或いは一括で業者に支払った時
(借)運賃 **** (貸)現金 ****

月末に運賃の累計がマイナスであれば、その金額で
(借)運賃 **** (貸)雑収入 ****
と処理すれば良いです。
税務的にも問題ありません。

事務処理に時間を掛けないようにすることです。

t22********さん

2015/2/2417:21:42

小売店を想定しているでしょう。商品に送料を含めるか、特別戴くかは、業界で違いがあるのです。小売店のお中元、お歳暮商品の発送。卸業の商品の発送、それぞれに違うのです。小売店の場合、お客様から預かった送料は売上とは区別して、処理した方が簡単でしょう。それぞれの販売方法に合わせた処理で売上とは区別して考えた方が良いのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる