ここから本文です

デザイナーズ住宅と言われる住宅は、一様に白く四角いのですが なぜでしょうか。 ...

coc********さん

2015/3/120:59:22

デザイナーズ住宅と言われる住宅は、一様に白く四角いのですが
なぜでしょうか。
単純に流行りなのか、コスト上の効率とかなのか、何か理由がありますか?

補足軒のない、なるほど。気づきませんでした。
デザインのは流行りの場合は住宅メーカーも同じようになっていいはずなので 。
同様の印象になるポイントがありそうです。

閲覧数:
290
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mb3********さん

2015/3/208:10:51

デザイナーズ住宅と言われるためには人より違った家を建てないと、存在価値がないと信じているのだと思います。軒のない家を建てれば、雨の多い日本では、トラブルの確率が上がります。軒のある家に比べて、メンテナンスを早めに、将来的には回数も多くなるので施主には負担が増えます。
四角い家にすれば、コストダウンで儲けられるのが本音でしょう?

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tsu********さん

2015/3/122:50:38

単なるハヤリでしょう。

明治時代初期には異人館には日本瓦を使った洋館が建てられました。
ヨーロッパのデザイナーが現地材を利用して作った建物です。
日本人家屋としては、骨太のケヤキ材、ヒノキ材を多用。
2間以上の通し間の和室(仏間、床の間つき)
来客用洋間として南東角に応接間が作られました。

高度経済成長の時期には、1階部分にタイルを全面張りするのがあこがれ。
内装はこげ茶色。
マホバニー材、オーク材、チーク材など。
迎賓館か歴史的リゾートホテルか何かのような建物。
団塊世代が定年退職するときに、選んだ方も多かったようです。

ちょっと前には、南欧風の家がはやりました。
内装は白木のパイン材をふんだんに使用。
塗壁、赤茶やオレンジのS型瓦、天然石の貼り付けがはやったのと同じです。

時代の経過とともに、お金がかからない方向に変わってきているような気が・・・。
みなさんお金が足りないのでしょうか・・・(涙)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

cos********さん

2015/3/121:57:39

センスがないから、真四角な設計しか出来ないだけです・・・(-。-)y-゚

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

inu********さん

2015/3/121:10:34

デザイナーズ住宅??
こいつらのおかげで日本の建築文化台無しです。

こいつらの設計する住宅が、最先端の情報元であると信じてまねをする、なりたての設計士。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる