シマノのゾディアスについて エクスプライドより下のモデルですが、具体的に何が違うのですか? 両方ともハイパワーXはありますし、CI4もあります。 どこでコストダウンしてるのですか?

補足

てことは、ゾディアスは中学生向けってことですか。 というか普通のバサーは手を出さない??

3人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

もともと、この価格帯(15,000円前後)では、試作に試作を重ねて製品化する、なんてことはできないでしょう。 過去のロッド設計を元に、おそらくマンドレル(製造時の芯に使う金属棒)は流用、「このくらいかな」という裁断パターンをコンピューターで設計、できたものを一応は開発スタッフに振らせてみて、よほどの欠陥が無い限りはそのまま製品化、かと。 逆に、あなたがメーカーの開発スタッフだったと考えてみて下さい。 「シリーズ全モデル、いずれも会心のできだ」というようなレベルのものができたら、わざわざアルコナガイドなんて付けますか? 市販価格が多少あがっても、SiCガイドを付けて、価格改定という形で市場に出したくなりませんか? つまりはそういうことですよ。「始めに価格ありき」のコンセプトです。

その他の回答(3件)

0

スペック表見る限りではブランク素材がダメかな~って思うよ。 デザインは相応なのかも知れませんが、 ブランクが太すぎ!ぶっちゃけこれは無いかなとは思うね。 バスワンよりも太いんですよ。 太くてML、細くてMLでは使用感が全然違うわけで 空気抵抗が大きければ、振った体感は良いにしても飛ばないでしょ これだったら、旧製品を買うか上を買うかって思います。

こんな製品が1万5千円もするんですか!? ぶっちゃけこんな状態の物を、1万5千円で売る姿勢は嫌ですね。 Ci4なんてかっこよい響きですけど、単に炭素繊維の入った樹脂ですし、ハイパーXなんて言っても、それこそ1990年代から同じ技術なんてあるよ。えてしてそれだから良いと思ったためしはただの一度も無いけどね。 しかも今更アルコナイトって...普通に1万円以上だしてアルコナイトは無いよ 5,000円程度のロッドだってSic付いていたりしちゃう物ですからいくらメジャーブランドで人気のあるメーカーだとしたって やっちゃいけない事ってあると思うんですよね。 真面目に1万5千円だったら、初心者が言葉に釣られて買うためのロッドという評価でも悪くは無いよ。 メジャークラフトの同じ価格帯のロッドのほうが、 ずっと良いですよといっても過言じゃないよ。

2

トップガイド 素材 カーボン量 一番大きいのが、自重を少しでも軽くしようと 無駄なウェイトは抜いています。 とくにグリップエンドの印象は大です。 軽い=良い は自重ではなく 持った時のバランスが大切です。 ゾディアスはそのへん省いています。 安価とはいえ、近年のロッドは自重がとても軽いので 無理にグリップエンドでバランスを取らなくても大丈夫でしょう。 使い分けはエクスプライドに比べ 曲がって粘る設計、巻物なんかに向いています。実際 深江真一はアメリカトーナメントで エクスプライドとゾディアスを上記のように使用しています。 と フィッシングショー2015シマノバススタッフがおっしゃってました。 せっかくのフィッシングショー。お店では絶対できない事をしようと、ゾディアス エクスプライド をスタッフと共に折るつもりで曲げてもらいましたが、残念な事に 折れる気配はありませんでした。パワーはHのロッドでした。

2人がナイス!しています

0

まずはガイドリングがトップガイド以外がアルコナイトリングで価格が抑えられています 同じ166Mで構造は一緒でもカーボン含有率が違うのでブランクスも違います