ここから本文です

死んで無になるなら、何しても、いつ死のうが 、無に皆さんがいつかなるのだから、...

aka********さん

2015/3/804:03:10

死んで無になるなら、何しても、いつ死のうが 、無に皆さんがいつかなるのだから、この世は 消えてよい。

人は、欲望のままに快楽を求めて殺し合えばよ い、

と、こうなりますよね。

生きる意味自体、無いわけだから。

信仰者に、無神論者がいること、私は生涯、許 死んで無になるなら、何しても、いつ死のうが 、無に皆さんがいつかなるのだから、この世は 消えてよい。

人は、欲望のままに快楽を求めて殺し合えばよ い、

と、こうなりますよね。 生きる意味自体、無いわけだから。

信仰者に、無神論者がいること、私は生涯、許しません。

補足生きる意味かないなら、無なら、やりたい放題 で、他人を殺しても、早死にしても良いことに、なります。

閲覧数:
388
回答数:
24

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gai********さん

2015/3/1200:47:19

世の中が、金と物と欲望の奴隷である拝金・唯物・利己主義者の無神論者だけになれば、それこそ完全な地獄社会になるでしょうな。

カルトや偽者の宗教も社会に悪影響を与えているだけですがね。

人間も含めて生命の本質は霊魂であり、肉体は霊魂の仮の宿言わば衣であり、肉体が死ねば、生命の本質である霊魂は衣を脱ぎ捨て、自分に相応しい霊界に帰ります。

簡単に言えば、因果応報の法則で、善行を行なってきた善人は霊界の上層である天国に帰り、悪行を行なってきた悪人は霊界の下層である地獄に堕ちるという事ですね。

また、自殺したり急死したりして、この世に未練や恨みがある人々は霊界に帰れず、この世とあの世の狭間である幽界で幽霊として成仏するまで苦しみ漂い続けます。

生命の本質である霊魂が自ら進んでこの世に生まれてくる目的は、カルマを償うためもありますが、霊魂を磨くため、霊魂の修行のため、霊魂を進歩向上させるため、欠点を修正し長所を伸ばすため、生老病死や愛別離苦や怨憎会苦や喜怒哀楽などいろいろな経験をし感動し、生命を謳歌するためです。

そして、生命は神の分霊で、輪廻転生を繰り返す存在です。

世の中が、金と物と欲望の奴隷である拝金・唯物・利己主義者の無神論者だけになれば、それこそ完全な地獄社会になるでしょ...

  • 質問者

    aka********さん

    2015/3/1216:42:15

    数少ない貴重な正論、ありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/3/14 08:28:23

ありがとうございました。

他回答は、頭の狂った回答ばかりですね。だから私は、質問など滅多にしない主義です。回答者に徹しています。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/23件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sin********さん

2015/3/900:07:07

無神論者ですが
死後は存在する可能性があると思っています
直感的なものですが
並行世界としての存在です
意識が宇宙における確率の産物だとすれば
それは起こるか可能性のある確率でもあったので
ここで生じたわけでもあるわけです
宇宙を無限だと前提にすれば、この確率
かならずココ以外にも生じているはず
それは起こる可能性のある確率だからどこかでは必ず生じてしうまうわけです
この宇宙の全てに気付けなくなった瞬間に意識は
どこかで気付くかもしれません
意識の土台としての一番の適合確率上にジャンプアウトするかもしれません
リンクする確率は全宇宙に無数に点在
自己意識覚醒候補として結ばれているかもしれません
そしてそれら世界は生きながらも確率を渡り
死後も確率を渡る
そんな構造かもしれません
多種多様の並行世界が存在するのなら
ある種天国側方向
ある種地獄側方向というものも
見方によっては存在し
それらが限り無く延々と存在すかもしれません

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

abr********さん

2015/3/820:49:26

この世は消えると死ぬは同じですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mi4********さん

2015/3/820:19:01

なにいってんのか、さっぱり分からねー

> 信仰者に、無神論者がいること、私は生涯、許しません。

天界が自身の御体上で表現し体験している、私達表現物
同士の間で、許すの許さねーのってなんだよ?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

rov********さん

編集あり2015/3/819:55:22

真っ当な人間が殺人を犯せば、悪夢にうなされ、罪の意識に苛まれる。

昔、泣かせた女がいたなら、歳を食ってから反省し、申し訳なさから昔に戻り謝罪したくなる。

人間は犯した罪を償おうとする。

これは守るべき存在ができたり、人の哀しみを体験し、学習したからに他ならない。
信仰心からではないと思います。

むしろ、大義さえあれば人殺しをすることも許されるのが宗教です。


>信仰者に、無神論者がいることを許しません。

この質問の意味がよく解りません。
神社仏閣で手を合わせるくせに無神論者である者を許さないとの意味ですか?


私は信仰心はあまりありませんが、神か仏かは解りませんが、人知を越えた存在との遭遇体験はあります。

宗教とは他人の価値観の押し付けに過ぎない。
信じる者が大義の下に盲信したとき、ISILのような悲惨な結果を導き出した事例が過去多数あります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ont********さん

2015/3/817:54:13

考えること、論じることに無意味なものはないと思います。

「一切衆生悉有仏性」であればこそ、「無から有は生じない」と考えます。

他人さまには、信仰に生きる人もいれば、守銭奴として歩む人もいる。

信じる対象が神仏なのか物なのかの違いではないでしょうか。

悟りは、悟りを得るための悟りになると、その時点で悟りではなくなると思うのです。

大宇宙も輪廻転生も自らの心にあり、自らの人生そのものという受け止め方をすることで、新たな修行が始まると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる