ここから本文です

翡翠の本物と偽物の定義について。 台湾旅行を控えている者です。 翡翠の指...

ran********さん

2015/3/914:29:58

翡翠の本物と偽物の定義について。


台湾旅行を控えている者です。
翡翠の指輪を購入したいと思い色々調べていますが、いくつか疑問点があり質問させていただきました。

翡翠は硬石と軟石に分かれており硬石のみが宝石として「認められている」、その人気から偽物も非常に多く出回っており樹脂を入れて透明にしたり色素を入れる方法が主に用いられている、ということまでは分かりました。



私はお守り感覚で身につけていたいと思っているだけなので特段に美しいものや高価なものを求めているわけではなく硬石であれ軟石であれ「ヒスイ」であればいいと思っています。
ただ唯一の条件として深みのある緑色を希望しています。



ここで「本物」の定義があやふやで建国玉市に行くべきか専門店に行くべきか迷っています。



①硬石と軟石とでは色合いから異なるものでしょうか?
例えば偽物とは軟石のことで加工する理由は軟石を硬石に見せかけるためでしょうか?
硬石と軟石が全く別の鉱物であることは知っていますが、一応どちらもヒスイなので軟石でも構いません。



②私の求める色の場合、通常何石に多くありますか?
「本物」の翡翠でそんな深緑色は滅多にない珍しい色で市場に出回ってるのは殆ど加工された物だったりしますか?
その場合、その翡翠は本物と言えますか?それとも偽物ですか?



③日本のオークションのとある出品ではっきりと「樹脂入り翡翠」という説明がありましたが、業界(?)で加工は普通のことで偽物とは言えないのでしょうか?(2番質問とかぶってしまいますが)
もし本物と偽物の境界線みたいなのがあれば教えてください。




値段は専門店の方が高いでしょうし玉市の物でも本物なら(なんせ初心者なので確かめようがありませんが)それなりの値段が付くと思いますが、できれば知識をしっかりと身につけて本物を安く買いたいと思っています。


ただ上述の通り本物と偽物の定義がいまいち分かりません。
しつこいようですが、玉市で売っている物でも「定義上本物の翡翠」に属するのなら軟石でも加工済みでも構いません。
縁起担ぎみたいなものですからね。




知識が浅く自分でも何が知りたいのかはっきり分からなくて敢えて箇条書きにしただけですので番号ごとにお答えいただかなくても結構です。
ざっくり言うと本物と偽物の定義が知りたい、という内容です。


駄文で長々と失礼いたしました。
どうかご回答の程、宜しくお願い申し上げます。

閲覧数:
7,954
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ste********さん

2015/3/923:12:41

硬石、軟石ではなくて硬玉・軟玉です。
間違えて覚えるとあとあとややこしいですよー。

>翡翠は硬石と軟石に分かれており硬石のみが宝石として「認められている」
……これにはけっこうややこしい事情があるんです。

古代中国では、鉱物としての石の種類に関係なく、磨くとしっとりした艶が出る石を「玉(ぎょく)」と呼んで愛でてきました。
「玉(ぎょく)」というのは、今でいえば大雑把に「宝石」……あるいは「きれいな石」みたいな意味合いになります。

その中で翡翠、カワセミの輝く緑の羽根のような色合いの石を「翡翠玉」、つまりカワセミの羽根の色のきれいな石と呼んだんです。
同じようにきれいな緑だけれど、硬いのと柔らかいのがある。
そこで硬玉・軟玉と区別されました。

それをあとになって成分や結晶系という鉱物としての分け方で見てみたら硬玉はジェダイド、軟玉はネフライトという鉱物だとわかりました。

中国では硬玉(ジェダイド)が採れません。
一方、日本では糸魚川などで硬玉(ジェダイド)が採れます。
実は、きれいなジェダイドの産地は世界的にも少なくて、日本とミャンマーくらいなんですね。

宝石というのはきれいというほかに、「天然のものであること、丈夫であること、希少価値があること」という条件があります。
たとえば、ダイヤモンドでもきれいでなければ宝石扱いされません。
透明な水晶はきれいだし、天然で採れるし、丈夫なんですが、いかんせんたくさん採れるので希少価値が低く、宝石とは言えません。

硬玉(ジェダイド)と軟玉(ネフライト)では、産地が限られ、きれいな緑のものが少ないジェダイドの方が希少価値が高い。
だから硬玉(ジェダイド)のきれいなものが宝石扱いされるんです。

そのうえ、日本は自国でジェダイドが採れるし、勾玉など古来からジェダイドを用いてきたので、ジェダイドとネフライトではジェダイド(硬玉)の方をひいきします。

ところが、「玉(ぎょく)」の世界では、翡翠はあくまでもいろいろある玉(ぎょく)の中の一つ、鉱物としての分け方ではなくて見た目重視なので、ネフライトをジェダイドとしてごまかして売ってやろう、じゃなくてカワセミ色だったら翡翠という感覚で売っていることもあるようです。

たとえば、中国側が玉(ぎょく)で黄色いものを、「黄玉」として売った。
ところが日本では「黄玉」といえばトパーズのことです。
売る側は「黄色い玉(ぎょく)だから黄玉」のつもりなのに、日本側は「黄玉と言ったらトパーズ、なのにトパーズじゃない、偽物を売るなんて!」……ということもあったりします。

だから、翡翠の場合、本物偽物という考え方がいいのかどうか。

あなたがジェダイドを探している、加工されてないものが欲しいというなら、「本物」ではなくて、「硬玉(ジェダイド)を探している。できれば加工されてないのが欲しい」と、探しているものがどういうものか、はっきり説明する方がいいのではないでしょうか?

  • 質問者

    ran********さん

    2015/3/1113:19:58

    ご回答ありがとうございます。

    なるほど、翡翠における中国と日本の解釈が異なるという裏事情があったんですね。
    玉というのは中国や韓国で人気のある石の一種とばかり思っていましたが、宝石という意味合いを持つということは知りませんでした。
    これじゃあ「だから何が本物ですか」ってなるのも当然かもしれませんね…

    ご教示いただいた内容を元に自分が納得できる解釈と購入ができそうな気がします。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/3/11 13:29:24

ご回答くださった方々ありがとうございます。
一番詳しく説明してくださった方をBAとさせていただきます。

お陰さまでやっと基本中の基本が備わった気がします。
台湾ではジェダイトが取れないとのことですが、旅の思い出として台湾デザインのものを一つ購入することにしました。
本当にありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

htt********さん

2015/3/1109:32:58

ヒスイは新潟県の糸魚川で産出することが多いんですよ。
偽物の翡翠は、人工にて加工つまり、削られているものはとくに疑ったほうが良いと思いますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

aki********さん

2015/3/916:18:09

はじめまして。
失礼ですが、かなりあやふやな知識のご様子で、その状態でしたら海外での購入は控えられた方が良いかと思います。

台湾ではヒスイと言わず玉(ぎょく)と言って売りつけています。ヒスイ属という大きな範囲を指します。その方が騙しやすいからです。
ヒスイと呼んでいる高額な宝石は硬玉だけです。
軟玉はネフライトという違う宝石になりますが、玉と呼ぶと一緒に扱えるために、そう呼ぶのです。実際に売りつけられるのは軟玉です。

本物か偽物かの定義は、天然石か人工石、加工石かの違いです。
ちなみに天然石を素材にし、色素を注入したようなヒスイは天然石とは呼びません。
色抜けしたりもします。
偽物とは言いませんが、処理石として扱われます。
偽物はそもそも緑色のガラスなど、素材そのものが違います。

騙すのを目的に売りつけようとしている場合は、綺麗な処理石を売りつけるかもしれません。

最近ですと、処理されている確率が高いものは厚みが薄い石です。
色素含浸はまず、ベースの石を軽石状態にスカスカにすることから始まります。
その為厚い石ですと中まで処理しにくいというわけです。
しかしながら、大きくて綺麗なものは少なくても、小さくて綺麗なものはまだ採れます。そのため小さい物には色が良くても、処理石と天然石が入り混じります。
そうなると見る目が無いと区別できません。

相手の言葉を信用するしかありませんが、本当に信用して買えるかどうかです。
国内でしたら後からクレームも付けれますし、交換などの対応を迫る事も出来ますが、海外ですと、そうはいきませんから。
記念に、安くて小さい物なら軟玉でも旅の思い出でしょうが、見る目が無い方には、海外で高額な宝石を買う事はお勧めしません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる