ここから本文です

他人の粗捜しをする人、批判や皮肉、陰口を言ったり侮辱や誹謗中傷をする人の心理...

tav********さん

2015/3/1406:52:57

他人の粗捜しをする人、批判や皮肉、陰口を言ったり侮辱や誹謗中傷をする人の心理を教えてください。 そんな意地悪をするおばさんが数人居て働きにくい職場になっています。


自分を棚に上げて上から目線で社員たちを見ています。

私もそうですが他の社員も迷惑してて、逆らえないことを良いことに批判や人の粗捜しばかりしているおばさんを何とかしたいです。


上司に言えばいいのですが、上司の注意も甘く意地悪なおばさんもバカではないので私がチクったことがバレる可能性もあるし、上司の管理能力にも疑問です。

数人集まって私たちの仕事を観察し粗捜しばかりしているおばさんたちを何とかしたいです。

ただでさえ人手不足なのに仕事もしないで数人集まって私たちの粗捜しされて能率もモチベーションも下がります。

閲覧数:
1,121
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mak********さん

2015/3/1407:03:11

お察しします。

基本井戸端会議の理論なんでしょうね。多分そのおばさん達は仕事で皆さんと競う事も出来ないのでしょうから、その井戸端会議に参加していない人を標的として、自分達が優越的な立場にたてるよう悪口を言っているんでしょう。

井戸端会議に参加している人は悪口を言われる事は無いですが、もともと参加していた人でも、たまたまその日がおやすみだったりすると、悪口の標的になったりするんですよね。翌日にはまた元に戻るんですけど。

そう言った習性を利用して、一人ずつ仕事を任せるなどして引き離して行くと、井戸端会議の参加人数が減少して行き、その人達の立場も無くなっていくような気がします。

ほんとに動かしたいのであれば、上司とそのまた上司に相談すればあなたの上司も動かざるを得ない状況になるのでは。それか悪口を逐一記録し(職場の方たちと協力して)人事部に相談するのもいいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

swe********さん

2015/3/1408:25:41

性格が悪い人の特徴は自慢、威張り、悪口、嫌がらせが大好きです。
良い性格か悪の性格か早めに見抜く事が大切です。
明るく性格が悪い人は何処の職場にも沢山居ます、笑顔に騙されてはいけません。
本人も自身が悪い性格と考えて居ない場合が有ります、
こんな人はトラブルになりやすいので注意が必要です。

一緒に居る時間を短くする、目立たないようにする、2~3日の休職する、
他の人が休暇を取ったら貴方も休暇を取る、
そのようにして 貴方一人が標的となり狙われ無い様にするのが良いです。
標的に成って被害を拡大させると味方も減ります。

イジメをやる人は貴方の顔色を窺っています。
悲しい顔や怒った顔や笑顔をしてはイケません、それは性格の悪い人の望む事で被害を拡大させます。
やり返さないでイジメには気が付かない振りをしてやり過ごします。

将来的にはイジメを行う人は常時イジメを行ていないと気が済まなくなり、脳を使いすぎて脳を痛めるようです。

我慢できなかったら、イジメをする人にできるだけ関わりの少ないその人の隣の席の人へほんの少しだけ愚痴をこぼします。
相手の悪い噂を広げる為です、多くしては逆に追及されて害が大きく出ます。

僕はこの態度を難しい年頃の生徒と数多く接してる中高の先生の態度から学びました。
貴方がこの対策を正確に行えば、クラス全員が貴方の真似をしてイジメが無くなるのです。

弱い相手にに反撃すると、後から強いバックが出てきて集団でイジメられるので注意したい、中高の先生も。これを警戒してます。

上司(先生)に言っても解決しない場合が多い、上司に1回言ったら、後は言わない方が良い。
何度も繰り返して言うと上司も匙を投げて貴方に問題が有るとされてしまいます、
上司、加害者、被害者、の内で被害者に責任を取らせるのが能力の無い上司(教師)には一番簡単だからです。

イジメの被害者の多くは最初イジメと認識してません。
と言うか、
イジメる方は徐々にイジメ度合を強くして、イジメたと言う既成事実を作り上げようとします。
イジメられる方がイジメと気が付いた時には被害が大きくなった時で手の打ち方が困難になってる場合が多い。
それと最近は3人で組んでイジメるのが流行ってので注意したい。

イジメる人の席や家の向こう側の人仲良くすると加害者の意識がそちらに行くので標的から免れます。

直接被害を受けそうな時には
加害者を見たら、駆けて逃げだし、職員員室や教員や保健の先生等の大人の側にから加害者が去る迄離れない様にしましょう。
加害者を見たら職員室や警察署の側に駆け寄り相手が去る迄その場を離れないようにしましょう。

教師が 最初にやるべきは文書での加害者親へのメンツを潰さないための密かな警告です。
教師が自身の責任逃れだけ考えて居て、加害者や被害者の事を全く考えて居ない場合が多い。
トラブル解決能力が無い教師が多い。
証拠を見つけてもそれは最後の手段で有り、それを提示前にやる事が有る。
親のメンツを重く見ないと表面上は加害を認めてもトラブルが続く
教師は双方の親を味方につけなければならない。

担任の説明に 納得できなければ、即時に校長へ そして教育委員長へ相談する、それでも駄目と感じた時には市長の相談する。(気に入らない時は即時交渉相手を変えるのがコツです)

skk********さん

2015/3/1407:28:43

粗探しをして悪口を言うことで、精神的安定を求めてるのでしょう。

こういうことをするからもっと自分の精神が自分の口によって攻撃されていることを知らないのでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる