大阪市民管弦楽団の団員に怒りを感じています。お金が緊急的に必要になったからと10数万円をその団員に貸したら、その金で楽器を買い、その楽団で音楽活動しています。

管弦楽、オーケストラ365閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(4件)

個人間の貸し借りは、一応10年で時効になるわけですが、このまま口で催促しても何も変わりません。 裁判所から支払催促の手続きを行って、法的な請求をしないと時効を止めることが出来ない。 ハガキとか書面でも不十分で、裁判所から支払催促しないとダメ。 その結果、相手が応じるのか無視するのかで次に行う手段も決まってきます。 裁判所 http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_04_02_13/

緊急的に必要になったからと言われて、ホイホイと簡単にカネを貸す方が 相当な「お人好し」で「間抜け」ですね。 金を取り戻したければ、請求し続けることですね。 又は民事訴訟でも起こして簡易裁判にでも持ち込むかです。 その人にカモられて金を巻き上げられたのはそれだけですか? 実際にはもっとあるんじゃないかと思えますがね? まあ、カモられるあなたが一番バカだと思えますが。

その楽器を20万円ほどで買い取ればよいと思います。 そして、元々貸していた10数万円を返してもらいましょう。 そうすれば、10数万円と楽器があなたのものです。

弁護士に相談ですね。 少し高く付きますが、民事訴訟ですね。 返済命令と言うものも有るじゃないですか。