ここから本文です

就活中ですが、子浩法律事務所の業務に興味があります。少額債権の回収という業務...

chaishaikyaiさん

2015/4/2214:39:01

就活中ですが、子浩法律事務所の業務に興味があります。少額債権の回収という業務なのですが、少額債権の回収というのは具体的にどのような業務になるのでしょうか?

そもそも少額債権についての知識がないので、まずは少額債権という部分について分かりやすい説明と、どのような回収の流れになっているか教えて頂けるとありがたいです。法律事務所に勤められている方など、できれば専門的な分野の方から回答をお願いしたいです。だいたいの流れはHPや求人サイトで分かりますので、できれば自分が業務をするとなったときにどういった業務を行うのか(電話で個人に催促をする、スクリプトがありそれを覚えなければいけない 等)、詳しい社内的な動きをご教示ください。

閲覧数:
812
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/4/2216:24:46

債権回収というと、大手のクレジットカード会社なんかと取引がありそうなので、安定はしてそうだね。実際の債権回収のフローは難しく考える必要はないかも。調べればいくらでも出てくると思うけど、電話や書面で回収を促していくということ。確かに通常の法律事務所とは少し違うような印象を受けるね。業界にどれくらいの事務所が存在しているのかは分からないけど、かなり特殊な分野だよね。こういった分野で専門性を高めるというのもキャリアの選択肢だと思うよ。一方で、汎用的なスキルはどういったスキルが身につくのか、このへんは自分で調べて確認しておいたほうが良いですよ~。この業界に入ろうと思っているのであれば、専門性も重要だけど、ビジネススキルも求められると思う。顧客がクレジットカード会社や通信事業会社の大手となれば、顧客とのやり取りは必須だと思うので。

質問した人からのコメント

2015/4/22 16:28:04

回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

waterconboさん

2015/4/2216:06:39

求人の情報を色々と見ていましたが、結構大きい事務所なんですね。従業員約180名と記載がありました。2013年時点なので変動しているかもしれませんが、設立も1982年と30年以上の歴史があるようです。仕事内容は、クライアント企業がいて、その企業の代理人として未払いになっている代金について文書や電話により回収業務を行うという仕事だと思います。部門としては、債権回収を行う部門、企業などに出向きサービス内容の説明等を行う部門、クライアント企業のサポート部門など、色々と部門が分かれているようですので、どの部門に配属されるかによっても業務内容は少し変わってくると思います。事務系では、電話オペレーション業務を行っている部門もあるようです。システム系にもかなり力を入れているようですよ。マイナビにも書かれていましたが、法律系の学科だけではなく、文学系・経済系と法律系以外にも活躍できる環境はあるみたいです。私は専門的な知識はありませんが、参考までにご確認ください。

2015/4/2215:52:45

他の人も回答していますが、回収の流れはそこまで難しいものではなく、企業の代理人として未払の料金の督促をするという感じです。業界に詳しい方なら、債権回収を行っている事務所として一度は聞いたことがある名前だと思います。

2015/4/2215:25:22

「債権回収」と聞けば分かりますかね?文字の通り債権の回収です。時間が経過したものは時効となる場合もあるようですね。支払いが滞留しているものがあれば、こういった法律事務所から催促の連絡があるかもしれません。時効といえども支払いをするのが筋だと思いますが、そういった簡単なものでもないようですね。ただ、そうすると支払いを拒否し続ければ何とかなってしまうという少し矛盾している状態になってしまうのではないかと・・・・m(__)m
ちなみに私も同じような催促がきたことがありますがしっかり支払いましたよ。いつの時代もなくなることはないので仕事としては良いのかもしれませんが、普通に考えれば…。なんだかもやもやしますね。

newweeesさん

2015/4/2215:02:50

かなり特殊な業務を手がけられている事務所さんですね。おそらく少額債権という言葉の意味より、その事務所が行っている業務の流れを確認したほうが早いと思います。その事務所は企業から一括で少額債権の回収を受託している事務所です。債権回収が主な仕事になりますので、個人に対しての催促や問い合わせへの対応がメインの業務となるのではないでしょうか。主な企業としてはクレジットカード会社、通信サービス会社、そして地方公共団体等があるようです。分かりやすいのはクレジットカードだと思います。一度は引き落とせなかったことを経験したことがないですか?一度はあると思いますが、そういった状況が長引けば法律の専門家が督促をしてくるという流れではないでしょうか。ちなみに、必ずしも法律の知識がないと入社できないというわけではないみたいですね。これは既にご存知かと思いますが、入社してからも研修があるみたいなので、法律を猛烈に勉強するというよりは、実際に職場に足を運んで見る、業界に精通した人にアドバイスをもらう等、通常の就職活動と同じような流れで情報を探してみたほうが良いと思いますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。