地震に詳しい方に質問します。過去に三重県で震度6以上の大きな地震が発生した記録って有りますか?知ってる人が居ましたら教えて下さい。

地震に詳しい方に質問します。過去に三重県で震度6以上の大きな地震が発生した記録って有りますか?知ってる人が居ましたら教えて下さい。

地震1,026閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

【過去に三重県で震度6以上の大きな地震が発生した記録って有りますか?】 ・「日本の地震活動ー被害地震から見た地域別の特徴ー」※1に「三重県に被害を及ぼした主な地震」※2が出ていますので。震度6以上がどうかは不明。 ※2p301~ 『1)過去から現在までの地震活動 三重県に被害を及ぼす地震は、主に以下のタイ プの地震です。 ・太平洋側沖合で発生する地震 ・陸域の浅いところで発生する地震 ・沈み込んだフィリピン海プレート内で発生する地震・・・ 表7-1 三重県に被害を及ぼした主な地震 西暦(和暦): 地域(名称): M: 県内の主な被害(カッコは全国での被害) 684.11.29 (天武13) : 土佐その他南海・東海・西海地方: 8 1/4: (南海トラフ沿いの巨大地震。諸国で家屋の倒壊、津波あり、 死傷者多数。) 887. 8.26(仁和 3): 五畿・七道: 8.0 ~ 8.5: (南海トラフ沿いの巨大地震。京都で家屋倒壊多く、圧死者 多数。沿岸部で津波による溺死者多数。) 1096.12.17(永長 1): 畿内・東海道: 8.0 ~ 8.5: 東海沖の巨大地震と考えられる。伊勢で津波被害あり。 ・・・・<途中、省略> 1891.10.28 (明治24): (濃尾地震): 8.0: 北部を中心に被害。死者1人、負傷者17人、家屋全壊625棟。 1899. 3. 7 (明治32) : 紀伊半島南東部(紀伊大和地震とも呼ばれる。) : 7.0: 南部を中心に被害。木ノ本・尾鷲で死者7人、負傷者62人、家屋全壊35棟。 1944.12. 7(昭和19) : (東南海地震): 7.9: 強い揺れ及び津波により被害。死者・行方不明者406人、負傷者607人、住家全壊1,826棟、同流失2,238棟。 1946.12.21(昭和21) : (南海地震): 8.0: 強い揺れ及び津波により被害。死者11人、負傷者35人、住 家全壊65棟、同流失23棟。 1952. 7.18(昭和27): (吉野地震): 6.7: (死者9人、負傷者136人、住家全壊20棟。) 1960. 5.23(昭和35): (チリ地震津波): 9.5: 注) 津波により被害。住家全壊2棟、同流失1棟。 2004. 9. 5 (平成16): 紀伊半島南東沖: 7.4: 負傷者8人。 注)「チリ地震津波」のマグニチュードはKanamori(1977)によるモーメントマグニチュード(Mw)で、他の地震のマグニ チュードと異なります。』 ※1地震調査研究推進本部(文科省)「トップページ>広報活動>日本の地震活動」<http://www.jishin.go.jp/main/p_koho05.htm>内の「7.近畿地方の地震活動の特徴(p.285~p.343) (PDF 12,260 KB)」※2より。 「hyunan1215ydreamさん」

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しいご説明ありがとうございます。大変参考になりました。

お礼日時:2015/4/29 16:46

その他の回答(2件)

0

伊賀上野地震(1854年7月9日) 天正地震(1586年1月18日) 濃尾地震1891年(明治24年)10月28日 後者2つは三重県以外の震源だが震度6相当の揺れがあったもの。 三重県は、傾動する鈴鹿‐養老山地の跳ね上がる側に位置し、鈴鹿東麓、養老などの断層帯が山麓に南北に走っている。さらに伊勢湾断層帯、野間‐白子断層帯が伊勢湾内にある。これらが動けば震度6弱‐7に見舞われる可能性は高い。 http://www.bosaimie.jp/pdf/MHc00/miekatsudansou.pdf