漢方について。 症状が改善したら服用をやめるべきですか? それとも服用しながらもう少し様子をみるべきですか?

漢方について。 症状が改善したら服用をやめるべきですか? それとも服用しながらもう少し様子をみるべきですか? めまいがひどく1か月前数回点滴をうけました。 メニエールではありません。 病院で五苓散を処方されたのを飲みきったので さらにドラストで購入して飲んでいます。 グルグル→クラクラ→車酔い程度に改善し 昨日あたりからやっとすっきりしました。 はじめてこんなにめまいが続いたので 再発が心配なのですが 漢方はお高いですし、飲まなくてもいいなら 出来るだけ飲みたくないです。

耳の病気920閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

Q:症状が改善したら服用をやめるべきですか? A:「五苓散」の効能により改善したものか不明です…? 「五苓散」の服用は、市販品(組成が薄い割に高額)を購入してまで継続する必要はないと思います。 さて、「めまい」もいろいろです。「メニエールではありません」とのこと、耳鳴り・難聴、吐き気、立ち眩み~といった症状もなさそうですので「良性発作性頭位めまい症(Benign paroxysmal positional vertigo:BPPV)」なのかな~との印象です。多くは、2~3週間程度で改善します。 多くの目眩は、生活習慣の乱れ、ストレスの過度な蓄積に起因する自律神経の乱れによることが多いので、生活習慣(①早寝早起き・寝不足解消、②過労・過度のストレス蓄積を防ぐ、③適度な運動を生活に取り込む、④楽しく生活し、リラックスに心がける)の改善で再発を予防することも可能かと存じます。 また、漢方薬の場合は、漢方薬・東洋医学に精通した医師の処方が重要です(特に「証」の判断)。 《ご参考》 ■ツムラ五苓散(ゴレイサン)エキス顆粒(医療用)#17 1.適応証(体質):湿証(水分停滞) 2.組成:猪苓(チョレイ)、茯苓(ブクリョウ)、蒼朮(ソウジュツ)、沢瀉(タクシャ)、桂皮(ケイヒ) 3.用法・用量:通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用。 4.効能:のどが渇いて、尿量が少なく、はき気、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う水瀉性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと)、暑気あたり、頭痛、むくみの諸症。 5.主な副作用:発疹、発赤、かゆみ、体がだるいなどが報告.

その他の回答(2件)

0

漢方は高いですよね。。私の場合、漢方の便秘薬をのんでいましたが、やめたらもとにもどってしまいました。必ずしもそうなるとはいえませんが。 少しずれた回答で申し訳ないのですが、運動療法が効く可能性があるのではと思います。点滴をうつほどひどかった祖母のめまいが運動療法でとてもよくなりました。 日本めまい平衡医学会の相談医一覧から病院をさがし、関東のT耳鼻咽喉科を受診しました。http://www.memai.jp/ 運動療法で耳石をちらすことでめまいが改善するようです。祖母の場合は良性発作性頭位めまい症でした。他の病気の場合はどうなのかわからないのですが。。

0

五苓散を服用し、めまいが改善されたとの事。良かったですね。 でも、漢方薬は服用続けた方がいいです。 服用を途中でやめるとなると、病が再発してくると考えます。 市販薬局で買うと高価なものになりますので、質問者さんが行かれた医療機関とかで処方してもらった方が保険適用ですので、安価で服用できますよ。 お大事に。