ここから本文です

部屋の広さに対するアンプの容量の目安が知りたいです。 140~160平方メートル...

yfe********さん

2015/5/113:06:35

部屋の広さに対するアンプの容量の目安が知りたいです。

140~160平方メートル程度のやや長方形、高さは3メートル程の木造の空間を講演会形式で使用しようと考えています。

この広さの部屋では、8Ωで何W程度のステレオアンプあるいは4chアンプが適度でしょうか?
老若男女問わず端から端まで聞こえる(一般的に基準としているものがあればその程度の)音量が欲しいと考えています。
講演目的ですのでライブなどのようにバンバン体に響かせるような大音量は必要ありません。

また、スピーカーは、アンプに合わせて決めたいと思っていますがそのような決め方で大丈夫でしょうか?

詳しい方、教えて下さい。よろしくお願いします。

閲覧数:
392
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hob********さん

2015/5/214:52:11

解決方法は、(特に予算を度外視すれば)いろいろあるんですが・・・

ライブの場合は、「全体の音圧」という発想から検討が始まるので、まず会場面積の話題から話が始まることが多いんですが(だいたい、1平米あたりのW数がどれくらい必要か・・・から、機材選定のパラメータ検討を始めることが多いので)、

講演の場合は、まずは「客席エリアの縦横の寸法」からの検討になります。
なので、面積よりは縦横のサイズを先に知りたい。

講演の場合は、
「こういうスピーカにこの程度パワー掛ければ、何メートル先くらいまで明瞭度が保てるか」
という観点でまず考え初めて、その次に
「それだけのパワーだと、スピーカ直近の人の音圧はどうなるか(ぶっちゃけ、やかましくないか)」
検討して、その結果として
・スピーカの配置の工夫で「直近のやかましさの軽減を図る」
(この時点で、機材パワー的には十分なとこまで機材は煮詰め済み)
・上記が無理なら、小パワー+多発スピーカ構想に切り替える
(スピーカの数を増やして、直近でもやかましくない程度で多数のスピーカで会場全体をカバーの方向)
と、検討を進めるのが常道です。

実際、ライブ対応の会場なら、ステージ近辺にスピーカを集中配備しているケースが多いでしょ?
逆に、大型講演会場や大会議室の類では、天井(埋め込みor吊り下げ)スピーカが客席の前方、中程、後方に配置されているケースが多いでしょ?

短辺10m×長辺16メートル程度の、おおむね2対3程度の長方形であって、短辺側ステージ脇2m~天井高さに中型スピーカを据えられるなら、片方50~60W程度のアンプで十分ですけどね。

  • 質問者

    yfe********さん

    2015/5/219:13:32

    hobbypamanさん

    ライブと講演のスピーカー配置の違いまで詳しく教えて頂いてありがとうございました。
    講演会、言われてみれば天井埋め込み式が結構ありますね。大変参考になりました。スピーカー直近の人がやかましくなく、尚且つスピーカーから離れている人にも聞こえるように意識しながら設置していきたいと思います。5~60Wで充分と教えて頂き、なんか、自信を持ってできそうな気がしてきました。
    親切に、詳しく教えて下さる方がいていつも助かっています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/5/2 19:15:10

hobbypamanさん

ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる