ここから本文です

アニメFate/stay night Unlimited Blade Works17話を見たんですが、ランサーのゲイ...

fki********さん

2015/5/304:55:37

アニメFate/stay night Unlimited Blade Works17話を見たんですが、ランサーのゲイボルグの能力を何故、アーチャーは防げたんでしょうか?

アーチャーの出した七つの円環は槍自体は防げても、能力の因果の逆転までは防げないはずでは?

閲覧数:
372
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

noc********さん

編集あり2015/5/306:55:47

必ず心臓を貫くのは「刺し穿つ死棘の槍(通称刺しボルグ)」でクーフーリンが独自に編み出した技で

17話で使ったのは「突き穿つ死翔の槍 (通称投げボルグ)」
こちらはゲイボルグ本来の使い方で
必ず命中するけど因果を逆転させて心臓を貫く能力は無し

だからアーチャーの飛び道具に対して無敵という「熾天覆う七つの円環」で防げました

質問した人からのコメント

2015/5/9 08:33:35

なるほど。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yam********さん

2015/5/410:58:34

「因果逆転の呪い」とはいうものの、実際にはアレ「『必ず心臓を貫く』という呪いが強すぎて因果逆転を引き起こしてでも実行しようとする」という効果なんです。

その膨大な呪いが齎す魔力の大部分を、破壊力に変換することで打ち出すのが投げる方のゲイボルク。これがあの魔槍の本来の使用法。伝承では複数の棘を撒き散らすともいわれるそれは、大破壊力の対軍宝具。効果は、「心臓を貫く為にホーミングする」というもの。ただし「心臓を貫く」呪いは大部分が破壊力に変換させられてしまっているので大雑把に「相手に当たれば良いや」程度の”追尾効果”になってしまっています。
とはいえ、原作では「投擲武器にたいして無敵」である筈のアイアスの盾でアーチャーが一度防ぎましたが、盾にあたって完全停止した直後、槍が勝手に動き出しその盾を全て食い破るという恐ろしいホーミング効果を見せています。
結局、盾が壊れるまでにホーミング部分の魔力を使い果たしてもう一度停止、持ち主の手元に回収されていますがアーチャーは魔力のほとんどと右腕を持っていかれていました。メイン効果である破壊力部分を盾の特性で無力化したにも関わらず、です。


逆に、威力の代わりに「必ず心臓を貫く呪い」としての効果を重視して放たれるのが突き刺すほうのゲイボルク。威力こそ普通の刺突ですが、「必ず心臓を貫く」という効果に呪いの魔力が注がれているので「回避、迎撃、硬度を無視して対象の心臓を貫いている現象」を引き起こします。因果を歪めることで時間すら歪めていることになり、発動した時には「槍を放っていないのに既に心臓を貫いていることにする」という書き換えが起こります。槍が放たれるというのはこの決定の後に描かれる後追いです。
ターン製のRPGみたいなものですね。「○○は攻撃した」とメッセージが出る前の「攻撃コマンドを選択した」時点で既に内部では命中or回避の判定は終わっている、と。
こちらはゲイボルク本来の使用法ではなく、ランサー自身が編み出した魔槍の能力を生かした技なのだとか。


実はアーチャーとしては投げの方なら防ぎきる切り札を持っていましたが、刺す方を防ぐ手段はありませんでした。相性の問題です。
だからこそ、アーチャーはランサーを挑発しまくって切り札である投げ槍の方を使用させるように誘導したのです。必殺技に対処できて中堅技には対処できないというのも妙な話ではありますが、アーチャーには投げ槍ならなんとか防ぐだけの手段がありましたので。
ここはランサーが圧倒的優勢、されどアーチャーは戦闘の運びを掌握している
、というそれぞれの得意分野で競り合っている場面です。
だからこそ、アーチャーは自分の計算を上回る破壊力を見せつけた投げ槍に対して「困ったな」「流石だな」といった感服の表情をランサーに向けたワケです。

ham********さん

2015/5/310:08:36

先の方も回答しておられますがそれぞれ技の性質が違います。

序盤のvsセイバーの時使ったのは「刺しボルク」、心臓に必中する因果の逆転を起こす技です。ただしこれは対個人にしか使うことができません。

今回のvsアーチャーで使ったのは「投げボルク」、強力な因果の逆転こそ起こさないものの(必中の効果は残るが狙いが心臓に限られる訳ではない)、一投で軍団一個を壊滅させられる範囲と威力を持っています。要は火力重視の攻撃です。

アニメに関する多大なネタバレを気にしないのであれば、詳しくはwikiの方をご覧下さい。
http://wiki.cre.jp/typemoon

獅子四肢さん

2015/5/308:35:29

投げる方のゲイボルクは因果を逆転させる心臓必中の呪いを重視する刺すほうに比べ威力重視になっている
そのため因果の逆転も心臓に必中させるほどの効果はなくホーミング機能程度に抑えられている。(まあホーミング機能に抑えられたって言っても一度ロックオンしたらテレポートで地球の裏側に逃げようと追いついて炸裂するわけですが)
またアイアスは投擲される武器に絶対的な防御を誇る宝具
あの槍と盾の激突は敵に絶対当たる投擲槍と絶対に投擲武器を防ぐ盾の概念的な戦いでもある。その結果は盾は槍を何とか凌いだもののその威力に壊れてしまい、槍は盾を壊せたもののそこで魔力が尽きアーチャーを貫くまでは至らなかったって感じです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる