ここから本文です

己龍『九尾』の歌詞を

zel********さん

2015/5/2008:00:02

己龍『九尾』の歌詞を

ふりがな付きで教えてください!

閲覧数:
226
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rio********さん

2015/5/2318:07:01

飢(う)えを忍(しの)び肥(こ)えた愛(あい)に舌(した)舐(な)めずり 一(ひと)つ二(ふた)つ巡(めぐ)る刻(とき)を指(ゆび)折(お)り数(かぞ)え 幼(おさな)い姿(すがた) 孕(はら)む色欲(しきよく) 密(みつ)に塗(まみ)れ 雲(くも)の隙間(すきま)、月(つき)が見(み)せたその虚(きょ)は

九(ここの)つに裂(さ)けた嘘(うそ)の影(かげ)

飢(う)えを晒(さら)し現(うつつ)抜(ぬ)かす月(つき)を喰(く)らい 一(ひと)つ二(ふた)つ薄(うす)れ翳(かす)む嘘(うそ)の影(かげ) 幼(おさな)い姿(すがた) 孕(はら)む色欲(しきよく) 密(みつ)に塗(まみ)れ 愛(あい)の堕胎(だたい) 憂(う)き身(み)窶(やつ)し 尚々(なおなお)
貪(むさぼ)り続(つづ)けても満(み)たされぬ腹(はら)

今宵(こよい)は宴(うたげ)なり 炮烙(ほうらく)の晩餐(ばんさん)に酔(よ)え 今宵(こよい)は宴(うたげ)なり 笑(わら)い踊(おど)り狂(くる)えよ

尾(お)を靡(なび)かせてひらりと舞(ま)えば 麻具波肥(まぐはい)は宛(さなが)ら獣(けもの)の如(ごと)く 白濁(はくだく)の海(うみ)は恍惚(こうこつ)の夢(ゆめ) 甘美(かんび)な籠絡(ろうらく)は祝言(しゅうげん)の雨(あめ)

指(ゆび)の隙間(すきま)にゆらりと舞(ま)えば 麻具波肥(まぐはい)は血腥(ちなまぐさ)き慰(なぐさ)み 枯渇(こかつ)した海(うみ)を啜(すす)るが如(ごと)く 明(あけ)を知(し)らぬ今宵(こよい)は祝言(しゅうげん)の雨(あめ)

月(つき)の無(な)い宵(よい)響(ひび)き渡(わた)る淫靡(いんび)な唄(うた) 一(ひと)つ二(ふた)つ 吐息(といき)交(ま)じり 零(こぼ)れ落(お)ちる
幼(おさな)い姿(すがた) 孕(はら)む色欲(しきよく) 密(みつ)に塗(まみ)れ 喘(あえ)ぐ振(ふ)りに隠(かく)し切(き)れぬ 艶(つや)めく爪牙(そうが)

今宵(こよい)は宴(うたげ)なり 炮烙(ほうらく)の晩餐(ばんさん)に酔(よ)え 今宵(こよい)は宴(うたげ)なり 笑(わら)い踊(おど)り狂(くる)えよ
尾(お)を靡(なび)かせてひらりと舞(ま)えば 麻具波肥(まぐはい)は宛(さなが)ら獣(けもの)の如(ごと)く 白濁(はくだく)の海(うみ)は恍惚(こうこつ)の夢(ゆめ) 甘美(かんび)な籠絡(ろうらく)は祝言(しゅうげん)の雨(あめ)

指(ゆび)の隙間(すきま)にゆらりと舞(ま)えば 麻具波肥(まぐはい)は血腥(ちなまぐさ)き慰(なぐさ)み

枯渇(こかつ)した海(うみ)を啜(すす)るが如(ごと)く 明(あけ)を知(し)らぬ今宵(こよい)は祝言(しゅうげん)の雨(あめ)

語(かた)り合(あ)った愛(あい) 刻(きざ)み合(あ)う愛(あい) 愛(あい)し愛(あい)した その全(すべ)てが嘘(うそ)

喰(く)らい尽(つ)くした 貴方(あなた)の滓(かす)を踏(ふ)み躙(にじ)る…尾(お)を翻(ひるがえ)し




多分あってる思います

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる