ここから本文です

B型肝炎訴訟について。わたしは、今から26年前にB型肝炎と診断されインターヘ...

ari********さん

2015/5/2020:00:01

B型肝炎訴訟について。わたしは、今から26年前にB型肝炎と診断されインターヘロンによる治療をし3ヶ月ほど入院しました。このほどテレビやラジオでB型肝炎訴訟のことを知りました。

B型肝炎訴訟にあたり弁護士さんはどちらが良いのでしょうか。又訴訟でどのくらい保証が頂けるのでしょうか。どなたか詳しく教えていただけますか。よろしくお願いします。

閲覧数:
609
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chv********さん

2015/5/2021:04:11

こんばんは。
取り急ぎ連絡しましたが、B型肝炎訴訟の条件等はご存じでしょうか?分からないようなら合わせて回答致します。
一報下さい。

  • chv********さん

    2015/5/2021:24:27

    訴訟条件…※B型肝炎ウイルスに持続感染している。※満7歳になるまでに集団予防接種を受けている。※集団予防接種等における注射器の連続使用があったこと。※母子感染でないこと。※集団予防接種以外の感染原因がないこと。
    これらの用件を証明する必要があります。
    必要な書類等は、☆肝炎の検査結果☆母子健康手帳☆カルテ等が必要になります。(一次感染者)

    弁護士を利用する場合…訴訟に向けての弁護士費用は、国から一部補助として、給付金額とは別に、給付金額の4%が支給されます。
    訴訟は弁護士を介さなくてもご自身でも行えますが、手続きが面倒なので弁護士を利用するのも良いかも知れません。

    次に補償範囲を書いて送ります。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sak********さん

2015/5/2514:02:50

訴訟経験者です。
まず訴訟対象に当たるかを調べ、かなりのカルテ開示や診断書、肝臓専門医や指定病院などの項目や印紙代など、全て実費です。
まずお住まいの弁護士団にお問い合わせ下さい。

お大事に。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる