ここから本文です

南、東シナ海で、中国はやりたい放題してます。南シナ海にアメリカは艦船、空母を...

chi********さん

2015/5/1422:32:47

南、東シナ海で、中国はやりたい放題してます。南シナ海にアメリカは艦船、空母を派遣するみたいな記事を見ました。今日、アメリカの艦船に中国は追跡をしたみたいなのですが、中国はアメリカを刺激し、米中戦争を起

こす気なんでしょうか???
東シナ海では、日本に対し挑発的、好戦的ですし、日中戦争に発展するのではないでしょうか?

もしくは、日本が集団的自衛権、安保法制などを変えて行ってますが、改正でき日本が戦争をできるようになったら、中国が日本から日中戦争を起こさせるように、今以上に、挑発、好戦的になる可能性ないでしょうか???

今 戦争が日本や付近で起こるのが近いでしょうか????戦争が近いうちに起きそうな雰囲気ださら 安倍さんは急いでるのでは?

閲覧数:
2,605
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

glo********さん

2015/5/1501:46:38

中国の政府要人の多くは米国に親族を留学させ、また米国の銀行には中国国内にて不正蓄財した資産を預金していると言われます。

つまり中国の要人は米国と本気で事を構える気などありません。

米国が艦船を送り込んだのは、中国が万一にも『米国は東シナ海の領有権問題に介入しない』と考えて武力紛争にしないため、釘をさす意図があると思われます。

つまり米中ともに戦争を起こす気はありませんが、行き違いでエスカレートしないため、互いに牽制し合っているのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

qnf********さん

2015/5/2120:25:45

日本もインドネシアを見習ってほしい。

2015.5.21 19:08
中国不法漁船を爆破 インドネシアが「弱腰」から「見せしめ」に
http://www.sankei.com/world/news/150521/wor1505210055-n1.html

インドネシア海軍によって爆破される不法操業の漁船=20日(ロイター)
http://www.sankei.com/world/photos/150521/wor1505210055-p1.html

【シンガポール=吉村英輝】インドネシアは20日、領海内で不法操業をしていたとして拿捕(だほ)した中国漁船を海上で爆破した。地元メディアが21日、一斉に報じた。「海洋国家」を目指すジョコ政権はその一環として、不法操業船の取り締まりを強化、「見せしめ」として外国籍の違法漁船を爆破してきたが、中国漁船への対応には慎重だった。

スシ海洋・水産相は20日、植民地時代のインドネシアで最初の民族団体が結成された日にちなんだ「民族覚醒(かくせい)の日」の演説で、「大統領の命令で、法に基づく措置を執行する」と述べ、違反が確定した外国漁船41隻の爆破を発表した。

爆破は船から乗組員を下ろした後で海軍などが行った。報道によると、うち1隻は中国漁船(300トン)で、カリマンタン島西沖で少量の爆発物で沈めた。

インドネシア近海は豊富な漁業資源に恵まれ、外国漁船の違法操業が野放し状態になっていた。ジョコ大統領は取り締まりを指示、今年3月までに外国漁船計18隻を爆破した。だが、20隻以上摘発した中国籍の船は爆破せず、議会などから「弱腰」との批判が出ていた。中国漁船の爆破は今回が初めてとみられる。

今回、他に爆破した漁船は、ベトナム5隻、タイ2隻、フィリピン11隻など。

ジョコ氏は、東南アジア諸国連合(ASEAN)の一部加盟国が中国と領有権を争う南シナ海問題で「法に基づく解決」を主張。インドネシア自身は中国と領有権問題はないとしているが、中国が領海域と主張する「九段線」がナトゥナ諸島を含めている可能性が強く、警戒を強めている。

中国外務省の洪磊報道官は21日の定例記者会見で、中国漁船爆破について、「建設的に漁業協力を推進し、中国企業の合法で正当な権益を保証するよう望んできた」と不満を示し、インドネシア側に説明を求めたことを明かした。

odj********さん

2015/5/1723:08:52

2015.5.16 16:22
【米中外相会談】
米、南シナ海埋め立てに「懸念」表明 中は「主権の範囲内」
http://www.sankei.com/world/news/150516/wor1505160033-n1.html

【北京=矢板明夫】中国を訪問したケリー米国務長官は16日、北京で中国の王毅外相と会談し、中国やフィリピンなどが領有権を主張する南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島で中国が岩礁を埋め立てていることに強い懸念を表明した。これに対し、王外相は「埋め立ての場所は中国の主権の範囲内だ」と従来の主張を繰り返し、議論は平行線に終わった。

ケリー長官の訪中は、9月に予定される習近平国家主席の訪米の調整が目的だったが、南シナ海をめぐる米中対立の深刻化を受け、約1時間にわたったこの日の会談の大半は南シナ海問題に費やされたという。

華僑向け通信社の中国新聞社によると、王外相は会談の冒頭、王外相は「あなたはけんかのために来たのではないことを信じている」とクギを刺した。会談後の共同記者会見でも、ケリー長官が「南シナ海の埋め立ての速度と範囲に懸念を表明した」と述べたのに対し、「中国の主権、領土保全の維持に向けた決意は揺るぎない」と反論した。

中国は、日米両政府が4月に合意した新防衛協力指針(ガイドライン)に「対中封じ込めの意図がある」と反発し、アジア太平洋での軍事的行動を活発化させている。今月11日には南シナ海を警戒航行していた米海軍の艦船が中国軍のフリゲート艦に追跡された。

ケリー長官は17日に習近平国家主席と会談する予定で、南シナ海での埋め立てに関する中国の立場を改めてただすとみられる。

比、軍事施設建設急ピッチ 中国に対抗、滑走路や港を強化
産経新聞 5月17日(日)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150517-00000048-san-asia

スプラトリー諸島(写真:産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150517-00000048-san-asia.view-0...

【シンガポール=吉村英輝】フィリピンが、南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島で大規模な埋め立てを進める中国に対抗し、周辺の軍事施設の増強を急いでいる。フィリピンは、中国の領有権の主張が国連海洋法条約などに違反するとして仲裁裁判所に提訴し牽制(けんせい)してきたが、周辺国や米国の批判を無視して軍事拠点化を視野に入れた埋め立てを強行する中国を前に、抑止力の強化にも本腰を入れ始めた。

フィリピン軍制服組トップのカターパン参謀総長は11日、中国の脅威を念頭に、スプラトリー諸島に面したパラワン島オイスター湾の海軍基地の整備を「最重要課題」として進めると強調。また、防衛協力の強化で一致している日米やベトナムの艦船が基地を利用できるようにする考えを示した。

計画では、港と島の中心部をつなぐ12キロの道路のほか、埠頭(ふとう)や給油施設などを50億ペソ(約134億円)かけて整備し、拠点基地にする。予算確保が課題だが、ロイター通信は、日本が周辺インフラの整備に資金協力する可能性を伝えた。

カターパン氏は同日、スプラトリー諸島でフィリピンが実効支配するパグアサ(英語名・ティトゥ)島を訪問。同行した外国メディアに「ここが領土の一部であることを明確にするために訪れた」と述べた。

パグアサ島から約25キロ離れたスービ(中国名・渚碧)礁では、中国が埋め立てを急ピッチで進め、滑走路が建設できる規模の陸地が造成されつつある。これに対してフィリピン軍は、同島にある全長1200メートルの滑走路の改修を急ぎ、基地機能を強化する方針だ。

同島に駐留する軍幹部は記者団に、スービ礁で夜間も明かりがともる様子が確認できるとし、埋め立ては24時間態勢で進められていると指摘。2年前は姿も見えなかった中国が「はうように侵略してくることを懸念している」と述べた。

パグアサ島では、軍人約40人のほか、民間人約80人が居住する。食料は無料で配布され、小学校もあるが、ある住民は「いつ中国から襲撃を受けるか分からず、恐ろしい」と語った。

フィリピン軍は、スービ礁近くで4月、軍用機が中国艦船から強い光を照射され、「ここは中国領だ。出ていけ」と通告されたと主張。中国側は同様の行為を過去3カ月で少なくとも6回行うなど、挑発をエスカレートさせているという。

nod********さん

2015/5/1723:06:53

2015.5.17 21:05
【習・ケリー会談】
止まらぬ中国に米、艦船投入検討も不透明 オバマ大統領、一触即発の危険はらみ
http://www.sankei.com/world/news/150517/wor1505170032-n1.html

17日、北京の人民大会堂で会談する中国の習近平国家主席(右)とケリー米国務長官(共同)
http://www.sankei.com/world/photos/150517/wor1505170032-p1.html

【ワシントン=青木伸行】ケリー国務長官の訪中の最大の狙いは、習近平国家主席に直接、南シナ海での人工島建設に対する懸念を伝えブレーキをかけることだ。だが、もはや外交努力では中国の暴挙を止められない段階にあり、オバマ政権が人工島の12カイリ(約22キロ)内とその上空に艦船、航空機を送り込むかどうかが焦点となっている。

オバマ政権はケリー長官の訪中に続き、6月の米中戦略・経済対話、9月に予定される習主席の訪米を通じ、人工島建設を抑制するよう働きかける方針だ。

背景には、今年に入り中国が岩礁の埋め立てと施設の建設を、目に見えて加速させていることに対する強い危機感と焦燥感がある。

国防総省は、埋め立て面積が今月初め時点で、昨年末の約2平方キロから4倍の約8平方キロに達し、ファイアリークロス(永暑)礁に建設されている滑走路は、「2017~18年ごろに完成する」(シアー国防次官補)と分析している。

人工島には大型レーダーや艦船、航空機、ミサイルの配備に加え、滑走路が空母艦載機の緊急避難にも使用されるとみている。

そうなれば、中国海軍の展開能力が格段に向上するばかりか、中国が一方的に、人工島周辺を「領海」「領空」と主張することは明らかだ。このためオバマ政権は「岩礁の上にいくら砂を積もうとも、領有権を築くことはできない」(ラッセル国務次官補)と強く牽制(けんせい)している。

だが、南シナ海をめぐる米中の主張は終始、平行線をたどり、中国の行動を阻止できずにきた。そのことは今回のケリー長官の訪中でも改めて示された。

こうした状況下でカーター国防長官は、人工島の12カイリ以内に艦船や偵察機などを投入することを検討するよう、海軍などに指示した。国連海洋法条約は12カイリ以内を領海と規定しており、米軍が艦船などを運用すれば、中国の「領海」ではないというメッセージを送ることになるためだ。

ただ、こうした示威行動は一触即発の危険性をはらみ、オバマ大統領が最終的に決断するか不透明だ。

riv********さん

2015/5/1510:00:50

戦争の危機が高まっているから急いで抑止力を充実させることでその危機が大きくなるのを抑えこもうとしているのだと思います。

昨日の説明の冒頭に「スクランブルの回数が増えている」ということを言いました。
これは明らかに中国の脅威の高まりを示唆しています。

米中戦争を起こす気なんて両国ともありません。
中国が覇権を強めていることに対するアメリカの警告。
そして中国はその警告に対して抵抗を見せた。
まだまだこれかrあ多くの段階を踏まなければ戦争ということになりませんしにらみ合いだけで終わる可能性のほうが高いでしょう。

ten********さん

2015/5/1500:07:41

人民解放軍は国際感覚が全くないのです。特に海軍や空軍は単純に言えば、田舎者で常識的な振舞いを理解していないのです。これ以上は戦闘中以外は決してやってはならない、と云う歯止めや慎みのない山賊、海賊の類いの振舞いを恥とは知らないのでしょう。陸軍のエリート達はもっと洗練されていると思いますが、躾や教育の出来ていない艦隊や戦闘機による摩擦は当分続きます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる