ここから本文です

安息香酸ナトリウム なぜ、危険なのに日本で使われ続けているのですか??

alw********さん

2008/1/3111:09:25

安息香酸ナトリウム
なぜ、危険なのに日本で使われ続けているのですか??

リポビランDに保存用として入っている、安息香酸ナトリウムは、なぜ危険なのに日本でつかわれているのですか??

閲覧数:
22,365
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pat********さん

編集あり2008/1/3112:40:28

安息香酸ナトリウムは、それほど危険な物質ではありません。
飲料水に入ってる安息香酸が化学反応でベンゼンを生成する可能性があるから危険、という理由は早計すぎます。
というのは、飲料水中で最大でも20ppb程度にしかなりません。この濃度であれば、ほとんど問題にならないといわれています。
(毎日ガブガブ飲みまくるわけでもないので)
飲食物ではなく気体になりますが、平均1ppm濃度のベンゼン蒸気暴露(連続)で白血病の発病リスクは上昇しなかった、
という報告があり、事前に予測されたほどベンゼンの発がん性は強くないことが示されています。

化学物質の危険度を考える場合は、安息香酸ナトリウムが入っていない場合のリスクも考慮すべきだと思います。
つまり、リスク&ベネフィットで評価すべきということですね。
清涼飲料水は栄養分が多くさまざまな菌が繁殖しやすいので、私としては入っていた方がいいように思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「安息香酸ナトリウム」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

shi********さん

2008/2/200:09:05

安息香酸ナトリウムは危険性が小さい物質です。水によく溶けますし、体内にかなり多量に入ってもグリシンと抱合して馬尿酸(ベンゾイルグリシン)となって排出されますから。ベンゼンは脂溶性で体内に入ると排出されにくく発がん性もあり危険です。酸化されてムコン酸となって排出されます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる