ここから本文です

イースター島のモアイ像について質問です! モアイ像を作ることは、先祖を敬う...

木下 ナミさん

2015/5/1922:40:26

イースター島のモアイ像について質問です!

モアイ像を作ることは、先祖を敬うためなんですか?

ほかにも、モアイ像のことで知っていたら、詳しく教えてください!(モアイ像の面白いところとか?!)

閲覧数:
161
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

il_********さん

2015/5/2322:39:38

モアイが製造された理由は、謎。
これが現時点での回答です。
まぁ、墓石とか何かとか諸説はありますが、決め手はないようです。少なくとも、崇拝の為の偶像ではなかったようです(何かしらの信仰はあったかもしれませんが)。あと、時代が進むにつれて巨大化がエスカレートしたのは権力者同士の競争が激化した為と言われてます。

イースター島(最近は現地語で「ラパ・ヌイ」と呼ばれる事も多くなった)の最初の入植者はホツ・マツアという王の一族で、彼らの子孫が「ハナウ・モモコ」族と呼ばれます。
後に「ハナウ・エエベ」族(身体的特徴から「長耳族」とも呼ばれる)が移住し、島の支配者となります。このエエベ族がモモコ族にモアイ製造を命じるんですね。モアイの耳が長いのはその為です。
この部族対立により、モモコ族が自ら作ったモアイを破壊したのです。
なお、モアイの製造や輸送には木材やロープが使われてましたが、モアイを作り過ぎて森林伐採も加速、島から樹木が消えてしまったのでした。土地は痩せ、食糧不足が起こりました。後にクックが見たイースター島は、モアイのような高度な文化レベルと、それに反比例するかのような島民の貧困状態でした。

イースター島にはマケマケなどの神やロンゴ・ロンゴ文字など他のポリネシアにはない風俗、また鳥人儀式など、モアイとはまた別の多くの謎もあります。

更にはイースター島に関わった西洋人のキャプテン・クックやヘイエルダール(コン・チキ号の航海記で有名な学者)などをチェックするのも面白いかも?

  • il_********さん

    2015/5/2400:07:25

    あ、そう言えばモアイは先祖の誰かに似せて作ったものだって説もありましたっけ。うる覚えですけど。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる