ここから本文です

http://www.th.phys.titech.ac.jp/~muto/lectures/Gmech08/chap12.pdf このページ...

ats********さん

2015/5/2012:16:18

http://www.th.phys.titech.ac.jp/~muto/lectures/Gmech08/chap12.pdf
このページの玉突きの問題に関しての質問です。

重心の運動方程式と回転の運動方程式から(12.24)と(12.27)式が導かれるのことについて、
回転の運動方程式では角運動量の変化はトルクに等しいという関係を用いているようですが、この関係が成り立つのは外力が中心力のときではないのでしょうか?いま、外力は横向きに働いていますが、この力も中心力ですか?

また、(12.28)式の導出がうまくいきません。
力積Jと力FはJ=FΔtの関係があると思いますが、(12.28)式はどのように導出できますか?


よろしくお願いします。。。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
67
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hor********さん

2015/5/2012:52:37

>この関係が成り立つのは外力が中心力のときではないのでしょうか?

外力ではなく内力が中心力。
外力はなんでもいい。

28式は26式からFとJを間違ってるのでは。
26式から積分後だからJですよ。

質問した人からのコメント

2015/5/20 16:42:23

回答ありがとうございます!
そうでしたね!外力が中心だったら角運動量が保存するというのと勘違いしていたようです。
また、積分の計算についても無事計算をすることができました。
ありがとうございました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる