ここから本文です

4月貿易赤字が前年比1/15!主因は原油34.6%減少!天然ガス35%減少! → ...

blu********さん

2015/5/2520:24:56

4月貿易赤字が前年比1/15!主因は原油34.6%減少!天然ガス35%減少!


4月貿易赤字が、前年比「7721億円」改善。
この分、4月も3月に引き続き経常黒字は大幅に増加する。


主な原因は、前年比「17%」の円安にもかかわらず、原油と天然ガスの輸入金額が大幅に減少したため。



この改善が12カ月続けば、年間で9兆円以上の改善になる?

「原発ゼロで火力燃料費が増加し年間3兆円もの国富流出!」という誇張された「ウソ」が宣伝された(主因は円安)が、
実際の結果は、「原発ゼロで、年間9兆円もの国富創出!」ということになる?


電力業界にとって、大幅な円安による輸入燃料費増加という厳しい環境の中で、
なんと、それを上回る、原油価格安/天然ガス価格安という「神風」が吹いている。
しかも背景には、数百年に1度と言われる「シェール革命」があり、燃料費安の傾向はしばらくは定着する。
大幅な円安で、かつ、原発ゼロでも、燃料費が上がらない。

「もういい加減に、非常に危険で本当は最もコストの高い「原発」は速やかに全て廃止しなさい!」と天の声が言っているのでは?



・・・

◆4月貿易赤字
2013年4月=8255億円
2014年4月=534億円
改善額=7721億円

◆4月の為替:前年同月より17%の円安

◆4月輸出入額
輸出=6兆5515億円(前年比8・0%増)
輸入=6兆6049億円(前年比4・2%減)

※参考
◆3月輸出入額
輸出=6兆9274億円(前年比8・5%増)
輸入=6兆6981億円(前年比14・5%減)



・・・

『4月は2カ月ぶり貿易赤字 534億円、震災後で最小』2015/5/25 東京

「財務省が25日発表した4月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は534億円の赤字だった。貿易赤字は2カ月ぶり。

ただ赤字幅は前年同月に比べ原油安で輸入額が減り、2011年の東日本大震災以降で単月としては最も小さかった。前年同月は8255億円の赤字だった。

原油と液化天然ガス(LNG)の価格は低水準の傾向が続いている。財務省は「輸入額の全体をしばらく抑えるだろう」と分析した。

輸出は8・0%増の6兆5515億円と8カ月連続で増えた。輸入は4・2%減の6兆6049億円と4カ月連続で前年水準を下回った。」



『LNG10ドル割れへ、原油安で震災前水準に』 2015/5/18 ガスエネ

「LNG輸入価格はこの夏さらに下落し、東日本大震災以前の水準に戻りそうだ。輸入量の大半を占める長期契約の原油リンクLNGが原油安を受けて下がり始めたためだ。

昨年末まで約3年半にわたり16ドル(百万BTU=英国熱量単位)前後で高止まりしていた輸入価格は、直近の3月貿易統計で約12ドルまで下落した。
昨秋来の原油安が本格的に反映される今年7月分以降は9ドル台まで下がる見通しだ。

世界のLNG需給は緩和傾向にあり、短期・スポット取引価格も低迷している。輸入価格の低位安定はしばらく続き、都市ガス需要の拡大にも追い風になりそうだ。」



・・・

<原発を再稼働する正当な理由など1つもない!>

◆原発は、非常に危険だ!安全になど全くなっていない!
◆原発は、本当は最もコストが高い!国家ぐるみの粉飾決算だ!
◆再稼働すれば発生し増加する核廃棄物の、将来にわたるコストは想像を絶する凄まじい金額になる。
◆原発の発電量ゼロでも、全国で電力はあり余り、燃料費は劇的に減少し、3月貿易収支は黒字化!

◆原発を再稼働して維持すれば、
・総括原価方式/随意契約/天下りで作られた莫大な無駄が温存される
・電力回線も電力/エネルギー市場も、原発に優先支配され、開放されない
・電力自由化は骨抜きにされ、公正な自由競争環境は作れない
・再生エネはもう導入拡大できず、民間設備投資は急減する
・電気代は下がらない
・新産業と大きな雇用の創出も、地方創生も、地産地消型電源による災害対策も、経済活性化が全てできない!



・・・

<再生エネ/新エネの進化>

◆テスラモーターズ、家庭用リチウムイオン電池の価格を10年前倒しで1/5に!来年には日本発売

◆レドックスフロー蓄電池、2020年、価格1/10を目指す

◆太陽光発電の発電コストは、米国で10年前倒しで、$0.15/kWhを実現

◆太陽光パネルの寿命は、20年から40年に延びる

◆新型太陽光電池「ペロブスカイト」が、パネルコストをさらに劇的に下げる

◆日本の各自治体の下水汚泥から、CO₂フリーで安価に、年間あたり水素自動車100万台分の水素が生成できる

◆進化型バイオマス燃料!バイオコークスが登場!

◆理研は、太陽光エネルギーから水電気分解で変換効率15.3%の水素製造技術を開発

◆熱エネルギーを永続保存できる蓄熱素材を発見、損失ゼロの太陽熱発電実現に期待

◆羽根のない風力発電機が2016年に市場へ、細長い円筒が揺れて発電。発電コストが4割下がる

◆IHIなど バイオ燃料用藻類を大規模培養! 光合成で安定増殖に成功!



前年比,ペロブスカイト,天然ガス,前年同月,輸入,原油連動価格,値下げ

閲覧数:
181
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

rie********さん

2015/5/2610:03:04

LNGの国内スポット価格は最安値で5月にすでに百万BTUあたり7.6ドルまで下がっています。
原油連動価格は数カ月平均で追随するので、7月あたりにその効果が現れるのでしょう。

つまり、高騰時の最高値の半値以下になるわけですね。

それは原油安だけではなく、シェールガスが安定的に世界市場に供給されているからで、原油連動価格にも国際的な値下げ圧力がかかっているからです。日本も欧米と共に値下げ交渉を行っています。

この安値は「しばらく」どころではなく、数十年は続く価格ベースになるでしょう。

つまりもう元の高値ベースには戻りませんし、世界経済成長による価格上昇ペースも以前の予測とは段違いに鈍くなるでしょう。埋蔵量も生産量も格段に増大し長期安定する見込みだからです。

電力会社も経産省も相変わらず高騰時の高値だけで予測試算しているようですが。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

VTMさん

2015/5/2520:42:52

天然ガス35%減少!
これを見ると感じますね。
少子化です。

少子化は製造業の運営が難しくなります。
このため国内工場は円安でも少なくなって、結果的に電力消費が減っていきます。
原発はもはや不要です。

2015/5/2520:35:47

うん、的確な分析です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる