ここから本文です

古い桐箪笥の艶出し、メンテナンスついて疑問に思ったのでお教えください。

aap********さん

2015/5/3022:51:17

古い桐箪笥の艶出し、メンテナンスついて疑問に思ったのでお教えください。

昔ながらのメンテナンス法で、床板など糠や米のとぎ汁で磨くとのことですが、水分が含まれているので箪笥類にはあまりよくないのでしょうか?えごま油、蜜蝋ワックスなどでするほうが良いのでしょうか?

閲覧数:
1,037
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sad********さん

2015/6/622:16:27

桐たんすは、桐がとても柔らかい木で吸湿性も吸水性もとても高いですから、原則として水分は厳禁ですよ

したがって糠や米のとぎ汁なんて絶対使っちゃいかんでしょう

普段は風通しのいい水平な場所に壁から距離を取って置いて、直射日光を当てないようにし、冷暖房の風が直接あたらないようにして、もしも汚れたら軽く乾拭きする程度ですよ

ヘタに手で直接触っても、汗や油が浮いた状態の時は、その手形が付いたりしますから注意が必要です

また強く拭いたりすると、桐自体が柔らかいので木目の間の部分が凹んだりすることがありますので、優しく丁寧に扱うことが必要でしょう

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる