ここから本文です

北野井子とは何だったのか?

tek********さん

2008/2/420:30:11

北野井子とは何だったのか?

北野武氏の娘として鳴り物入りで歌手デビューを果した北野井子
その後は泣かず飛ばずだった感があり、気が付けば出来ちゃった結婚だったかで芸能界から身を引いたものと思っていた。
ウィキペディアの記事によると、数年前に主演映画に出演したようだ。
三田佳子の次男同様、本人の努力、才能に関らず否応無しに注目を浴びる存在なのだろうか。
一体、彼女の存在は何だったのか。
(私にとっては無用の長物でしかなかった。)

閲覧数:
58,843
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cle********さん

編集あり2008/2/422:08:53

北野井子のデビューの経緯ですが、実は家庭の事情によるものです。
当時反抗期のまっただ中だった井子は母親との喧嘩が絶えず、しまいには母親に階段から蹴り落とされて流血の騒ぎ。
呼び出された武は、このままだといつかどちらかが死ぬと思い、
とにかく井子の環境を変えなくてはならないと考え、芸能界入りさせました。
真相はそうですが、デビュー当時は井子が歌手になりたいと武に訴えた為という事になっていました。
しかし井子は、父親の七光りですごい筋から曲を貰える事にすっかり萎縮してしまい、早々に自主引退。
米国の高校に留学して、そこでヒップホップに傾倒しました。
その頃、再び芸能界に色気を感じて父親に打診をしていますが、武は「自分でなんとかしろ」と一蹴。
昨年あたり、武が番組で「うちの娘はフラダンスやってる」と言っていましたが、武の言うフラダンスはヒップホップの事です。

井子が数年前に映画の主演をしたとの事ですが、恐らく武のネームバリューは使えなかったのではと思います。
武も歌手デビューの時はつい甘やかしたのでしょうが、その後は本人に「娘を使ったら世間体が悪いんだよ」と、
かなりの拒否反応を示し、「オーデイションでも受けて実力で勝ち取れ」と娘を諭していました。

彼女は、芸能界に君臨している父を持ちながらも、それに甘えきる事が出来ず、
かといって切り離す事も出来ずに中途半端な存在となってしまった平凡な女の子だったのではないでしょうか。
米国の高校を首席で卒業した女性が平凡かどうかはともかく、少なくとも父親の非凡さには及ばなかった……。

質問した人からのコメント

2008/2/11 10:08:19

感謝 彼女も生れ出でた運命を受け入れて真面目に生きていってもらいたいです。

「北野井子」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bej********さん

2008/2/422:14:45

例えるなら、三船美佳さんのような人です。(大きな力でしか動けないのです)

ton********さん

2008/2/421:10:36

>本人の努力、才能に関らず否応無しに注目を浴びる存在なのだろうか。

そんなことないと思います。主演映画に出演したかも知れませんが、誰もそんなこと知りませんし(笑)
歌手デビューにしても本人が唐突に言い出したものらしく、事務所はAVEX、プロデュースは元X-JAPANのYOSHIKI、
PVも父親の北野武が手がけたにもかかわらず、泣かず飛ばず・・・
全てが単なる親の七光です。父親が北野武であるのをいいことに、したい放題やってるんじゃないですか?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる