ここから本文です

ベートーヴェン作曲の「悲愴」第2楽章

usa********さん

2015/6/921:03:30

ベートーヴェン作曲の「悲愴」第2楽章

シューマン作曲のトロイメライ
ショパン作曲子犬のワルツ
ドビュッシー作曲アラベスク第1番
これらの曲はそれぞれ何時代に当てはまりますか?
(ロマン派、古典派等の意味合いで…)

あと、ロマン派音楽を探しているのですがどのような曲がありますか?

閲覧数:
497
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ssg********さん

2015/6/1002:35:38

一般的なざっくり回答ですが…
悲愴:ベートーヴェンの初期なので古典派
トロイメライ、子犬のワルツ:ロマン派
ドビュッシー:近代、あるいは現代、あるいは印象派

ロマン派音楽はもうたくさんあります。作曲家ではリンクを参考に
http://irohani.yokochou.com/composer.html
ただし、リンクはひとつの考え方であって、多少違うものもあります。
一般にロマン派はベートーヴェンの中期または後期が始まりとされることが多いです。終わりについては特に、20世紀に入ってからロマン派的表現にとどまる作曲家と前衛に走る作曲家が入り乱れてくるので、今ひとつはっきりしないようです。

  • 質問者

    usa********さん

    2015/6/1006:55:12

    ありがとうございます!
    受験で使うってなって、ソナタとロマン派音楽からそれぞれ1曲ずつの2曲が課題となってたので…
    勉強になりました!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

「アラベスク 意味」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる