ここから本文です

トレハロースは添加物ですか?

アバター

ID非公開さん

2015/6/1012:57:25

トレハロースは添加物ですか?

また、毒性はありますか?

閲覧数:
5,926
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kus********さん

2015/6/1107:06:05

本来入っていない成分、あるいは入っているとしても何らかの目的のために
敢えて加えると
「食品添加物」
という扱いになります。

たとえばお茶。
緑茶には茶葉にも、その浸出液である飲むお茶にもビタミンCが含まれています。
が、それでは足りないので、あとからビタミンCを足すと、
「お茶に食品添加物を添加した」
ということになります。

たとえばシュレッドチーズ。
植物を食べると必ず食べることになるのがセルロースです。
植物の細胞壁の大部分を構成する炭水化物の一種だからです。
このセルロースをシュレッドチーズに添加すると、細切りのチーズ同士がくっきにくくなります。
くっつかないほうが便利なので添加すると、
「チーズに食品添加物を添加した」
ということになります。

なので、
「食品添加物…危険!怖い!食品添加物を摂りすぎたらガンになります!」
と盲目的に言う人は、
「お茶に入っているアスコルビン酸Naや、シュレッドチーズに添加されるセルロースはない方が良い!」
と言います。
そういいながら、ビタミンCがもっとたくさん入った果物や、セルロースたっぷりの青菜のおひたしなど食べることには疑問を持たないわけです。


トレハロースは、糖質の一種です。
自然界の多くの生き物の体に存在する、二糖類のひとつです。
糖分のひとつなので、糖分が持つ性質、たとえば添加すると保水作用があるために
デンプンの老化を遅らせる、しっとり感を保つ、冷凍耐性を高める、タンパク質を保護する、などの性質を持ってます。
食品添加物や医療、衛生用品の分野で使われます。

「トレハロースは添加物ですか?」と質問されたら、
「あとから加えたら添加物として扱われます。」という答えになります。

「毒性はありますか?」と質問されたら、
「あります。」という答えになります。
ただの水ですら毒性はあります。毒とは、量に依存する概念だからです。
問題は「どの程度、どういう条件で摂ったら看過できないほどの悪影響であるか」です。
なのでトレハロースも粉のまま1kg、2kg、短時間で食べてしまうのはおすすめしません。
ですが、食品に添加される程度だと、たとえば、一般家庭だと米2合を炊飯するときに大さじ2杯程度です。
この量なら離乳食を食べ始める赤ちゃんでも大丈夫です。

キノコなどに特に豊富な成分です。
添加物の概念をよく理解して、むやみに感情的な反応に陥らず、
賢く運用してほしいと思います。

アバター

質問した人からのコメント

2015/6/11 11:24:51

分かりやすくありがとうございます!
程度の問題ですね。
心からお礼申し上げます。

「トレハロース」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

shf********さん

2015/6/1017:53:18

トレハロースは食品添加物です。
また、この世の中に存在する全てのものに毒性はあるので当然トレハロースにも毒性はあります。
毒性の程度は急性毒性で考えると、砂糖の約2倍で塩の約4分の1ぐらいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる