ここから本文です

正社員で働いているのですが事情があり 今月からキャバクラで副業を始める事にな...

アバター

ID非公開さん

2015/6/1022:27:41

正社員で働いているのですが事情があり
今月からキャバクラで副業を始める事になりました。

そこで、本職に副業がバレないようにしたいのですが
色々調べると、確定申告を自分で行えばばれ

ない。
と書いてあったのですが、副業の店の人に「確定申告をしなければバレることはないですよ。大丈夫です。」と言われ困惑しています。


本職の方は特別徴収になっています。
副業はアルバイト契約のようで、報酬ではなく給与という名目になるようです。
住民税からバレると書いてあったので不安です。

聞きたい点は
・普通徴収は副業の方だけすればいいのか
・本当に確定申告をしなければバレないのか
です。

無知でお恥ずかしいのですが皆様宜しくお願いします。

どうにか本職に副業がバレないようにする方法を教えてください。

補足皆様回答有難うございます。
店側は脱税しろと言ってるって事ですよね。

風営法の関係で働く時に住民票の写し(家族全員分)
を提出しています。
これは国側に、今からこの人がうちで働きます。
と提出する用では無いのですか?

その理由なら脱税しろと言われても絶対バレると思ったのですが・・・

マイナンバー導入もあり副業がバレやすいとの噂なので不安でなりません・・・

閲覧数:
17,053
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mic********さん

2015/6/1114:41:56

正直、机上の話を言っているばかりで、多分現実にどうなるかが解らず知識だけで書かれている方が多いように見受けます。

副業がばれるのは、基本
「働いているところを見つかる」
「自分から副業を想起させるような言動をする」
「所得を正しく申告しない」
くらいのことが当てはまりますね。

最初の2つ、働いている事実そのものがばれることは論外として、それを気を付けていて、3番目の、所得の申告について考えますと

本業では市民税が特別徴収になっているなら、副業の給与所得は課税所得に合算されます。
次回の市民税特別徴収通知では、確かに本業会社以外からの所得があって税額が高くなることは記載されることになりますが、それですぐに副業がバレるわけではありません。

・そもそも、会社がいちいち課税所得のチェックや、税額が異様に高いなどと気にするようなことは、ほとんどない。
・市民税が倍にでもなれば気にするだろうが、副業でわずかに増した程度の税額では、会社はまず意識しない。
・仮に、課税所得が多いことに気付かれても、どこからどういう所得を得たのかなど書かれていないので、プライベートな別収入など会社に申告する必要もないという態度でよい。

また、よく「特別徴収税額が違うとばれるから、副業は普通徴収で」などというアドバイスもありますが、これはあくまでも「普通徴収希望」をするだけで、必ずしも自治体が普通徴収に応じるわけではありません。元々特別徴収している先があるなら、合算したほうが楽でしょ、と、希望を出しても特別徴収になると思ったほうがいいです。


また、副業分の確定申告はしてください。しないほうがバレます。

その店が「確定申告をしなければばれない」と言ったとのことですが、貴方が、アルバイト給与として得ていて、確定申告をしないとした場合を考えますと、

本業会社では年末調整をして、年調年税額を確定しているばずで、そこに、別の給与所得があるのですから、本当は当然、年税額の計算をやり直ししなければなりません。
それが確定申告の必要性です。

しかし、実は、その副業で、所得税をたくさん取られている場合、すなわち、本業副業を合わせたときに、合計の課税所得から計算した年税額に比べて、本業副業で納付した所得税の合計額が上回っている場合。
つまり、所得税が納め過ぎていて、確定申告をすれば、払い過ぎの税金がもどってくるような場合は、税務署は何も言ってきません。

確定申告をしなくても、税務署も何も言ってこないのですから、確かに、副業はばれません。

しかし、反対に、副業分を加算すると、納税額が足りないことになる場合はどうか。
このときは、税務署は、まず本業の年末調整をした会社に対して『○○さんの年調年税額が間違っているから修正しなさい』と連絡が来ます。

税務署は、何がどう間違っているかは、言ってくれません。すると、会社は本人に聞くしかなくなります。会社の経理が考えることができる理由は、およそ2つです。
①扶養家族に実は収入があって、扶養控除対象ではないのではないか?扶養家族の収入をごまかしていないか。
②本人に、なにか別の所得があるのではないか?

会社は、税務署から指摘された以上、本人を追求しますから、こうなったら逃れられません。副業を白状するしかなくなるでしょうね。


なので、その店が「確定申告をしなければばれない」というのは、給与と言いながら、実は給与ではない別の費用で処理をしているか、あるいは、高めの所得税を徴収するかのどちらかかもしれません。

しかし、税金の払い過ぎも馬鹿らしいですから、確定申告はしたほうがいいです。そのほうがバレるリスクは低いはずです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2015/6/1115:45:44

    回答有難うございます。
    本業が副業禁止となっていた筈なのでなんとかバレないように出来ないかと悩んでいました。

    まさにご指摘の通り、税金の過払いになると思います。
    副業も水商売も初めてなので分からないのですが、
    出勤ごとに、日給~10%税金としてひかれるようです。

    過払いより副業がバレる方が嫌なので、過払いによって確定申告なしでも助かるならその方が私は有難いです。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2015/6/12 12:25:31

親身になって、頂き有難うございました。
皆様どの回答も素晴らしくとても励みになりました。
無知の私に色々教えて下さって有難うございました。

ダブルワークで水商売しようとしてる方は他にも沢山いらっしゃると思います。
ここをみて怖くなったのなら水商売、副業はやめておきましょう。

本職を失う覚悟で働きたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

syo********さん

2015/6/1117:30:27

michiyo_kanae_mama先生が正解を書いています
いつもまとをえた回答で敬服してます

私がいたとこも副業禁止となっていますが一番ばれるのは本人の言動なんですよ
極端なことは、信頼してる友人に、《実は!!》って話したら、3日で社内に広まったなんてこともあります

michiyo_kanae_mama先生の書かれたことの重複かもしれませんが、確定申告で双方の所得を申告しますが、そのうち副業だけ普通徴収にすることは、市町村役場では受けてくれることが少ないですよ
といいますのは、確定申告のB表では所得の発生した内容は明示されますがA表は合算して申告します
A社・・いくら、B社いくら。ではなく合算して書いちゃいますからそれを分けろってことは大変難しいことなんです

一度私も試しに申し出しましたら、《どうしてもですか?》ジャ給与所得は半々でしますよ
って回答でした

つぎに、よく住民税決定通知書(特別徴収額)でバレルっていう方がありますが実はこれは、お住みのの市町村、家族構成、など種々の個人いよって状況が違いますから、皆さん一緒ではありませんから当然納税額も違ってきます
また、あまり当事者でないとご存知ないかと思いますが、住民税決定通知書のあなたに渡されるのには、しっかり所得金額は書かれていますが、会社に残るのは個人名と納税総額、毎月の天引き額だけなんです
当然、市町村別にはなってます
あなたの、会社が従業員さんが何人いるか?はわかりませんが、担当者も暇ではありません
市町村から、通知のあった納税額だけインプットするので精いっぱいではないでしょうか?
ただ、ここで私もやりましたのは、実はバイトをしてるようだよってことが担当者の耳にはいってるときは、しっかり確認しますので最初に書きましたようにあなたが絶対に行動、口に表さないことですね

私も、確定申告はしなさいという意見に賛成です
すなわち、確定申告をせずにほっておきますとこれは所得の過少申告(無申告ではない)となりますので、ばれたときは過少申告追徴税がとられます
特にキャバクラなどは脱税の温床になりやすいので税務署もそれなりに目をつけています
その時に、当然従業員の所得内容もチエックされます


>風営法の関係で働く時に住民票の写し(家族全員分)
を提出しています。
これは国側に、今からこの人がうちで働きます。
と提出する用では無いのですか

そではなく、風俗営業では働ける方の年齢制限、勤務時間の制限が厳しいからです
また、風俗営業ではその点が確認してないと警察まで波及するからこうして確認してますっていう言い訳です

私がいた医療機関などは法によって揃えておかなくてはなりませんが
風俗では、経験がないので・・・・

後、今気が付きましたが、あなたがお勤め先などの昼間の情報を接客などのときや、仲間に(風俗の)絶対に話さないことです
私も、お客でいったことがありますが、連れて行ってくれた百戦錬磨の常連は、女の子の情報をよく知ってて、《あのこさ~昼間は○○の社員だよってね》
これがばれる原因です
あんた昼間何してるの?なんて情報でなく
おい、○○日昼めし食おうよ!!、
だめです、お勤めがあるから
ふ~ん、何してるの??
ってことにね

簡単に言えば、正直者はばれます
だから、この件は正直者にならないのがばれない一歩です

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

rin********さん

2015/6/1113:58:21

結構いい加減な回答がありますね。

>税制上「給与」収入ではなく、「給与所得」でもありません。ですから、本業の職場では、年末調整ができません。
これだと給与だと本業側でまとめて年末調整ができるようにとれます。副業が給与であっても本業側では本業側の給与部分しか年末調整ができません。

>税制面で兼業がバレることはありません
本業側が特別徴収をしている場合には副業側が給与の場合税制上でばれます。
本業が特別徴収の場合本業の所得以外の部分に関しては普通徴収を選択することができますが、これは副業が給与以外の場合です。
地方税法321条の3の規定により副業が給与である場合には、その副業部分も含めて本業の会社で特別徴収をしなくてはなりません。よって税制面でばれます。


>風営法の関係で働く時に住民票の写し(家族全員分)を提出しています。
理由も聞かずに提出したのですか?
不用意に提出したらダメですよ。家族構成がバレバレです。裏で悪いことをしているかもしれませんよ。

>聞きたい点は
・普通徴収は副業の方だけすればいいのか
・本当に確定申告をしなければバレないのか
です
について回答します。
・普通徴収に関しては副業が給与であるならば普通徴収にできません。
・確定申告をしなければばれないのかということに関しては原則は住民税の課税からばれます。ただし、副業のキャバクラ店が給与支払い報告書を市区町村に提出しなければばれませんがこれ自体が違法行為です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hak********さん

編集あり2015/6/1023:33:04

キャバクラの仕事は、大抵の仕事が、個人事業主です。
つまり、税制上「給与」収入ではなく、「給与所得」でもありません。ですから、本業の職場では、年末調整ができません。
あと、公務員には、【守秘義務】があります。これは、個人情報保護法が施行される前、昔からあるものです。
例えば、ある民間の会社の会社員が【懲戒解雇】になるよりも厳しく重い、犯罪と同じ位に、厳しいものだそうです。
つまり、税制面で兼業がバレることはありません。
しかし、質問者様が、仮に公務員など、法律上、兼業が禁止されている仕事の場合、兼業がバレる事があります。オンブズマンがいます。
過去の例では、教師(公務員)が、風俗で働いていた事が判明し、クビになったと記憶しています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

ten********さん

2015/6/1022:44:23

・普通徴収は副業の方だけすればいいのか

→本業の方は普通徴収にできません。副業の方だけです。


・本当に確定申告をしなければバレないのかです。

→確定申告をしないということは脱税です。脱税が発覚し、後日納税することになった時、納めることができないと銀行口座や給料が差し押さえられます。もし本業の給料が差し押さえられることになれば、副業がばれることになります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hor********さん

2015/6/1022:33:11

通常キャバクラは個人事業主として確定申告が必要です。

確定申告をしないということは脱税をしているとみなされます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる