ここから本文です

経理初心者です。 無償で頂いた車の仕訳について。 親族から仕事で使ってい...

ana********さん

2015/6/1211:33:48

経理初心者です。

無償で頂いた車の仕訳について。

親族から仕事で使っていた車を譲り受け、自分の会社で使っていましたが
1年もたたないうちに廃車にすることになりました。

その①…30,000円で売却する場合。
その②…廃車として処理する場合
※廃車手数料が10,000円かかる。

の仕訳はどうしたらいいでしょう?

※いただいた時にはまだ固定資産としての記帳をしていない。

素人質問ですいません・・・。

閲覧数:
551
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mae********さん

2015/6/1214:54:55

法人の経理でしょうか?譲り受けた日と廃車の日が年度をまたがないことを前提として回答してみます。

原則は、法人が資産の贈与を受けた場合は受贈時の時価を取得価額として資産計上し同額の受贈益を計上します。※少額であれば損金経理
その後、取得時から廃車時までの減価償却費を計上し、廃車時に売却または除却の処理をすることになります。

原則は上記処理ですが、年度内に廃車したのであれば固定資産に計上してもしなくても結果的に損益は変わらないため、強いて受贈益を計上しなくとも問題にはならないかと思います。

(受贈益を認識し、固定資産計上する場合)
※金額は適当です
車両 500,000 / 受贈益 500,000
減価償却費 200,000/ 車両 200,000
①30,000円で売却した場合
現金預金 30,000 / 車両 300,000
売却損 270,000
②廃車した場合
除却損 300,000 / 車両 300,000
支払手数料 10,000 / 現金預金 10,000

(受贈益を認識し、損金処理した場合)
消耗品費 50,000 / 受贈益 50,000
①現金預金 30,000 / 雑収入 30,000
②支払手数料 10,000 / 現金預金 10,000

(受贈益を認識しない場合)
①現金預金 30,000 / 雑収入 30,000
②支払手数料 10,000 / 現金預金 10,000

いずれのケースにおいても、トータルの損益は同じ(売却の場合は+30,000円、廃車の場合は△10,000円)となります。

質問した人からのコメント

2015/6/14 09:43:46

とてもわかりやすい解説ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる