ここから本文です

去年、夏ごろに、大きいコウヤマキを剪定しました。 大きくなりすぎていると思っ...

blu********さん

2015/6/2414:30:11

去年、夏ごろに、大きいコウヤマキを剪定しました。
大きくなりすぎていると思ったので、出来るだけ小さくしようと思い、高さと幅を詰めました。

やり方は、切る枝には、必ず葉を残すようにして、出来る限り枝の奥(幹に近い方)まで切り詰めました。残した葉は何年か前に出たであろう葉っぱで、枝先の勢いが良い葉っぱとは違い、大人しめな印象でした。

その残した葉が、現在、かなりの割合で茶色くなり、一見、枯れているようにすら見えてしまいます。

緑の葉は微々たるもので、一旦、緑に芽吹いたものが、また枯れかかっている所もあります。

去年、残した葉では、寒さを乗り切れなかったのか、新たに芽吹きずらいところで剪定してしまったのか。 強く詰め過ぎたということだと思います。

今出ている、緑の葉に期待していて、もっと芽吹いてこないかなと、日々、見ている所です。

枯れないようにする為、新たに芽吹くように手助けするために、何か出来ることはありますか?

閲覧数:
6,914
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yah********さん

2015/6/2610:30:06

コウヤマキは常緑の針葉樹ですので夏の剪定は大変よろしくないタイミングでした、剪定の仕方としては合っているようですが成長の遅い木を小さくしたい時には何度かに分けて2~3年かけてでも小さくします。
時期も強さも極端過ぎたようです。

今できることはほとんどありませんが、HB101やメネデールなどの活力剤を与えてみる手はあります。
気休め程度となる可能性もありますが、最善を尽くすという意味でしてみては如何でしょうか。

  • 質問者

    blu********さん

    2015/6/2612:31:29

    常緑の針葉樹の夏の剪定がダメな理由はなんですか? 
    よい時期は3,4月でしたかね? 理由はこれから成長する時期だからですか?

    剪定の時期の、基本的な考え方はありますか?落葉、常緑での違いなど。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

qko********さん

2015/6/2421:10:30

剪定の時期が悪かったですね。
出来ることは特にありません。
信じて待つだけです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる