ここから本文です

ベストアンサー以外の回答

6〜15件/17件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kiy********さん

2015/6/2719:54:39

あなたにはビールはあげないと、拒否されました。→理由はなんですか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mor********さん

2015/6/2719:31:11

未成年と思われたのか、服装や態度からしてアルコールが入ると厄介なことになる客と思われたのでしょう。

やはり、社会常識として、半袖のTシャーツやポロシャツでも着ていれば四日他ともいます。

kuz********さん

2015/6/2718:33:50

バカとしか言えませんね。
埼玉県出身で沖縄の専門学校ですね。
おそらく片手の指の人数しかいないでしょう。
自分で就職の門戸を閉ざしたことに気がつかないの?

tha********さん

2015/6/2716:43:48

子供と思われたのでしょうね。
ビジネスに乗るのはある程度考えなければね。。。。。。
以前知り合いの家族で飛行機に乗った時両親がビジネスだった時に子供も短パンではなくズボンを履いてくれればアップグレードしてあげると言われたそうです。
ビジネスはお金を多く払ってそれなりのサービスを得るわけですからそれなりのきちんとした身なりが常識なのではないでしょうか。
チャイナエアラインには乗ったことないですが、日本の航空会社でビジネスにタンクトップにビーサンはいたことないです。
バカにされないようにその場にあった服装、行動を取ることです。

key********さん

2015/6/2715:07:13

根本的に貴方の考えが間違ってますね。

抗議の前に自身の行動を省みて反省すべきところはする。

まず、飲酒。
法令違反、問題外です。


当たり前ですが
上級クラスへいくほど
目が届きますからね。

それすらも理解できないようです。



何も知識がない(明確な根拠のない)のに
あのときは、こうだったから
とか言っても何の意味もありません。


自身の立ち振舞いを棚にあげて
グダグダ
あげく処分しろ?




まあ、社会に出て
根こそぎへし折られて下さいませ
ゆとり様

zat********さん

2015/6/2714:25:27

昨日「ビジネスクラスにタンクトップとサンダルで乗ってもよいか」という相談をされた方と同じ方でしょうか。 折角期待を持ってビジネスクラスでの旅をしたのに、不満で夜も眠れないほどというのは、穏やかではありませんね。

本件に限らず他の質問内容等を見てしまうと、お書きになられている内容の他に何か別の事情があったのではないか、と思ってしまいます。 今回の件についても「差別を受けた」と書いてますが、本件は差別ではなく、「サービス内容への不満」です。
なお、マイレージで乗っても、会社のお金で乗っても、自費で乗っても、アップグレードで乗っても、アルコールの提供など基本的なビジネスクラスのサービスに変わりはありません。


■公海・公空における飲酒提供の判断基準

公海・公空にある船舶や航空機は、その旗国の管轄に属するという国際法上の原則(旗国主義)があるので、アルコールの提供に関しては、台湾のルールに従うことになります。しかし、これは原則であって、日本においては「未成年者飲酒禁止法」により、未成年者が飲酒する事は禁じられています。 さらに、安全な運行のため、危険な状態にあると判断した場合もアルコールの提供を取りやめることができます。

相談者さんが日本人であり、19歳以下であることは乗客名簿によって客室乗務員は知っています。 ご本人は、既に国内でも飲酒の経験があること、その時は酩酊していないと書かれていることから、既に一定量のアルコール量を飲んでいたのではありませんか?(例えば、ラウンジで既に飲んだいたなど)

例え、台湾のルールで18歳以上は飲酒可能であっても、「これ以上は危険である」とCAが判断した場合、アルコールの提供を拒否することができます。 これはマナーの観点から乗客に依頼するのではなく、航空法に照らして提供を拒否することができます。



■パーサーが説明しなかった事情

相談者さんが普通の反応であれば、客室乗務員も理由を述べて、ソフトドリンクへの切り替えを薦めたであろうと思いますが、それができない、何らかの事情があったのではないかと想像してしまいます。(説明するとより話がこんがらがりそうなど)

■中華航空のサービスに関する相談窓口

とはいえ、有償で乗った運行に関して強い不満を感じたのでしょうから、もし、そのようなことが一切ない、自分に落ち度があったとは思えず気持ちが収まらないという場合は、当該便のサービスの内容について、中華航空のお客様相談室に相談することができます。中華航空は当該便の客室乗務員に事情を聞いて、回答をしてくると思います。以下の窓口は日本人向けなので日本語で対応が可能です。

メールで相談する場合
http://www.china-airlines.co.jp/inquiry/index.html

電話する場合
チャイナ エアライン コールセンター
https://www.china-airlines.co.jp/company/office-list.html

無論、バンコク支店に電話してもかまいません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

rjf********さん

2015/6/2712:59:46

台湾の飲酒可能年齢は18歳以上です。航空機内で適用される法律はその航空機が籍を置いている国のものとなりますので、18歳を超えていればCI便では酒が飲めます。

予約時に年齢は把握している訳で、あなたがもしそれ未満の年齢であれば提供されないというだけの話です。

機内の正確な状況はあなたの説明だけでは分かりません(CI側に何らかの正当な理由があった可能性も排除できない)ので、18歳以上なのにこういった対応を受けたということであればCIに問い合わせるのが一番でしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

voy********さん

2015/6/2712:57:45

19歳が酒飲むな、と道学者ふうのお説教はするつもりはありませんが、あくまでもこっそり飲むくらいにしておいてください。公共の場での飲酒はやめましょう。
なぜ未成年が酒飲んじゃいけないか、知っていますか?あなたは酒に強いようだから平気と思っているかもしれませんが、酒を飲むことは脳細胞を殺すことです。この悪影響は成長期に特に顕著です。また酩酊しない、お酒に強い人が、早くから飲酒を始めると、アルコール依存になるリスクが高くなるといわれています。
止めろとまではいいませんが、自分自身の健康を考え、1週間にビール1本までとか、規制をかけてください。泡盛はよくありません。強い酒に慣れると、少量では満足できなくなり、より強い刺激を求めてしまいます。

おせっかいですみません。

rat********さん

2015/6/2712:12:29

差別ではないでしょう。
機内では地上よりもアルコールの周りが早くなります。
たとえば、地上でビール3本で酔うならば、機内では2本以下で酔います。

CAは個人の飲酒量を把握しているため、ある限度を超したら、アルコールの提供は拒否します。

日本のCAなら、いきなり拒否するのではなく、ソフトドリンクを薦めるのですが・・・

今年の4月バンコクから羽田に帰るとき、3本目のワインを依頼したら、
CAさんから、「これ以上は、体に悪いですよ」といいながら、ワインを渡されました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kle********さん

2015/6/2712:10:27

未成年だからなんじゃないの?
きちんと年齢確認されたからなんじゃないの?
だったら、そのCAさんは当然のことをしたまで。抗議するのは、法を破りなさいと言うのと同じこと。

*それから、こういうのは「差別」とは言わないよ。もう少しお勉強してね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる