ここから本文です

基本情報技術者試験についてです。 今、基本情報技術者試験の午前免除制度を利...

yagishi_0615さん

2015/7/2107:47:44

基本情報技術者試験についてです。

今、基本情報技術者試験の午前免除制度を利用して資格の取得に挑戦しています。

サーティファイの情報処理技術者能力認定試験 2級第一部と修了認定に係

る試験を2つとも合格すると午前免除となるわけで、今の所、一つ目は、合格していて次に2つ目の修了認定に係る試験を受けます。

ここに書いてある試験です。
http://www.sikaku.gr.jp/cms/news/detail/cf/92

そこで質問なんですが、この修了認定に係る試験では、情報処理技術者能力認定試験で出た内容の問題は出ないのでしょうか?

例えば、一つ目の試験の情報処理技術者能力認定試験で回線の転送時間を求める問題が出たとき、2つ目の試験の修了認定に係る試験では、回線の転送時間を求める問題は出ませんか?という事です。

説明が下手で分かりにくいとは思いますが、わかる範囲でいいので教えてください。

閲覧数:
590
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kawaico_tanさん

2015/7/2503:09:19

サーティファイの情報処理技術者能力認定試験2級の
第1部だけですと、明らかに、基本情報技術者の午前試験の方が
範囲も広く、多くの出題があります。

情報処理技術者能力認定試験の出題とは確実に分けて出題しなければ意味がありませんから、修了考査については確実に国が作った問題のはずです。まったく違う全国統一の問題です。
ちなみに、情報システム試験基本スキル合格後の差分講習の修了考査についても、同じような出題で、80%近くの学生が合格しているので、基本情報の問題集を使って練習したほうがよいです。




ちなみに、私は、2004年にサーティファイの情報処理技術者能力認定試験1級とシスアド技術者能力認定試験1級を受験したことがあり、どちらも合格しましたが、シスアド技術者1級の合格率が40%程度であるのに対し、情報処理技術者1級の合格率は18%程度でした。

難易度的には、当時の基本情報技術者が16%、初級シスアドが25%程度の合格率でしたので、基本情報は1級と同等かやや難しいくらい
初級シスアド(国家試験)はシスアド技術者1級よりかなり難しい印象でした。(シスアドは世間では過小評価すぎます)

また、2級の2部よりよほど修了考査のほうが簡単なはずなので安心して取り組んでください。

また、2級1部と1級1部を比較すると、
基本情報の午前に出題する、難易度がやや高い計算が中心となる出題が、1級1部であるのに対して、2級1部は即答で答えやすい出題です。1級1部は応用情報にも出題でできそうですが、
基本的には、同じ基本情報技術者の範囲です。

質問した人からのコメント

2015/7/27 21:28:26

詳しい回答ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。