ここから本文です

[成人の疾病リスト~放射線により被災した成人に生じる可能性のある疾病] http://...

ind********さん

2015/7/2501:55:31

[成人の疾病リスト~放射線により被災した成人に生じる可能性のある疾病]
http://www.ourplanet-tv.org/files/list.pdf

チェルノブイリ原発事故による放射線や
他の要因により被災した成人住民に生じる可能性のある疾病

1、放射線が、直接の原因となる疾病
1. 放射線障害(放射線の作用は非特定)
2. 放射線白内障
3. 接触皮膚炎あるいは他の皮膚疾患
3.1. 特定される他の物質により引き起こされた症状

2、一定期間後に発生した疾病
◆腫瘍
1. 全ての器官、系に生じた悪性新生物(悪性腫瘍)
2. 脳や他の神経系に生じた良性腫瘍
◆内分泌系、消化器系、代謝系、免疫系の疾病
3. 甲状腺疾患
3.1. ヨウ素(後天性)甲状腺機能低下症
3.2. 慢性リンパ球性甲状腺炎
3.3. 慢性甲状腺炎(橋本病)

3、チェルノブイリ原発事故の有害要因の結果生じた疾病
◆内分泌系、消化器系、代謝系、免疫系の疾病
1. 他の内分泌腺疾患
1.1. 糖尿病
◆血液と造血器官の疾病
2. 再生不良性貧血
3. 鉄芽球性貧血
4. 紫斑(しはん)病や他の出血症
4.1. 血小板減少症 5. 白血球の病気
5.1. 無顆粒球症
◆精神疾患
6. 脳の器質的損傷による精神障害
6.1. 器質的損傷による一過性精神疾患
6.2. 器質的疾患による慢性精神病
6.3. パーソナリティ障害(人格障害)
◆神経系と感覚器の疾病
7. 遺伝性神経変性疾患
7.1. 他の脊髄疾患
7.1.1. 脊髄血管障害
8. 中枢神経系の他の疾病
8.1.他の脳疾患
8.1.1. 原因未特定の脳症
◆循環器系疾患
9. 高血圧症
10. 冠動脈疾患
11. 他の心臓病
11.1. 心不全
11.2. 不整脈
11.3. 左心室不全
12. 脳血管疾患
12.1. クモ膜下出血
12.2. 脳内出血
12.3. 脳内大動脈の閉塞と狭窄
12.4. 脳動脈閉塞
12.5. 一過性脳虚血発作
13. その他の、あるいは、原因非特定の脳疾患
13.1.脳アテローム性動脈硬化症
13.2. 高血圧性脳症
14. 動脈、細動脈、毛細血管の疾患
14.1. アテローム性動脈硬化症
◆呼吸器疾患
15. 慢性閉塞性肺疾患、および、類似の症状
15.1. 慢性気管支炎
15.1.1. 粘液膿性慢性気管支炎
15.1.2. 閉塞性慢性気管支炎(閉塞性慢性肺疾患)
15.2.1. 内因性喘息
◆消化器疾患
16. 食道、胃、十二指腸の疾患
16.1. 胃潰瘍
16.2. 十二指腸潰瘍
17. 消化器系の他の疾患
17.1. 慢性肝炎

***

子どもの疾病リスト
チェルノブイリ原発事故による放射線や他の有害物質の作用で
子どもの体に発生リスクが高まった疾病及び症状
⇒略、リンク先参照。

***

以上は、主に「ウクライナ政府報告書」を
類型別にまとめあげたものですが、

下図にもあるように、
被害者サイドの視点重視:「ウクライナ政府報告書」と
加害者サイドの視点重視:「国連科学委員会」
の見解には雲泥の差があります。

まさに、各種、公害裁判における
原告と被告の対立構図そのものと
言ってもよいほどですが、

ご承知の通り、
「国連科学委員会」というのは
原子力推進側の最大の黒幕たる
「国際原子力機関(IAEA)」の
直接的傘下にあります。

つまり、IAEAとの従前の協定によって
完全に骨抜きにされ、純科学機関としての
客観性を失い、完全に下部政治組織と化した
WHOとほぼ同じ体系上の位置づけが
なされるわけです。

原子力推進側にとって、
原発事故に伴う人的被害や物的被害
の真相が明るみになると、
賠償問題が際限なく膨れ上がり、
原子力事業運営そのものにも
死活的支障が生ずるので、
原発事故の影響を極力、最小限に歪曲化
するのが、彼らの常套手段ですが、

もはや「科学的機関」とは程遠い
「軍事的&政治的機関」と化した

原子力推進側の最大の黒幕たる
「国際原子力機関(IAEA)」
はもとより、
「国連科学委員会」
等の原子力推進側の国連機関を根絶させることこそ、
原発問題の抜本的解決に繋がるとは思われませんか?

補足特に1F事故後の今日の日本は、
「国連科学委員会」の見解よりも
更に醜い状況下で
被曝疾患の最典型症例たる「小児甲状腺ガン」
の被曝による多発ですら、
認めようとしない極めて野蛮な後進国と言っても
過言ではないでしょう。

その最大の元凶となっているのが、
広島&長崎の原爆被爆者の研究&治療に携わっている
広島大学・医学部&長崎大学・医学部等の
教授(御用学者)連中であって、
彼らが水面下で
「国際原子力機関(IAEA)」と直接の接点を有する事に
起因すると思えて仕方がないのですが、
どのように思われますかね?

つまり、黒幕たるIAEAを根絶させない限り、
チェルノブイリ方面や日本に限らず、
今後新たな過酷原発事故が生じた国家において、
再び、原発事故の「被曝事項の」過小評価という
悲劇の負の連鎖が生じてしまう可能性が
高いのではないでしょうか?

疾病,消化器系,放射線,チェルノブイリ原発事故,脳疾患,バンダジェフスキー,国連科学委員会

閲覧数:
182
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ind********さん

2015/7/2509:29:50

ダラダラと何を書いてるのかと思ったら結局は

>>原子力推進側の最大の黒幕たる
>>「国際原子力機関(IAEA)」
>>はもとより、
>>「国連科学委員会」

って批判かよ。くだらねぇ。

オマエが今までまともな意見を言える識者なら
聞いて上げられえるんだがなぁ、しょせん
代わりに出すのがECRR(民間の反核団体)とかの
恣意的団体ばかり。

真面目に被曝研究を続ける学者を単に
「御用学者」と揶揄するだけで代わりに引き合いに
出すのはバンダジェフスキーのように誰も認めない
(例外はバカで無知な木下黄太位という情けなさ)
場末の学者(しかも現在は逃げ出して消息不明)。

オマエの愚論がIAEAやら国連科学委員会を否定できるだけの
説得力があるとでも思ってんのか?クソが!

ダラダラと何を書いてるのかと思ったら結局は

>>原子力推進側の最大の黒幕たる...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wnk********さん

2015/7/2512:59:34

単に研究者を確たる根拠もなく非難しているだけだ。
全く信用ならない記事である。質問にもなっていない。

lul********さん

2015/7/2510:28:23

まぁくだらんルル一味の茶番だからね、この質問はwwwwwwwwww

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる