ここから本文です

借地権売買について買取業者と協議しています。

アバター

ID非公開さん

2015/8/409:00:02

借地権売買について買取業者と協議しています。

利権関係や相続関係踏まえての対価に関わる契約を結ぶ事になります。
この場合、弁護士、司法書士、税理士など、相談すべき方がいろいろいると思います。
弁護士の先生ならマルチに対応いただけるのでしょうが、費用面も抑えたいです。
司法書士の先生だとこれはできるがこれはできない、税理士だとこれができない、や、司法書士で十分、といったアドバイスいただけますと有難いです。
よろしくお願いします。

閲覧数:
157
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/8/916:56:25

借地権の売買については
地主の承諾等権利関係の調整があることから
まず弁護士に相談して
場合によっては代理人として交渉してもらう
ということになるかと思います。

建物についての移転登記は
司法書士がすることとなりますが
買主である業者が依頼することであって
あなたは司法書士に依頼する必要はありません。

売った代金については
譲渡所得税がかかるので
税務申告が必要で
税理士に相談することとなります。

アバター

質問した人からのコメント

2015/8/9 16:58:33

やはり弁護士のせんさが確実ですね、ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cosmo9v8さん

2015/8/422:11:57

弁護士・・・・法的面、契約条項の問題点を指摘出来る唯一の専門家。
代理人としても良い。
税理士・・・・税金の計算の専門家
司法書士・・・・登記に関しての専門家、又、受託出来る資格を持つ専門家。

総合的に考えて弁護士に依頼し、契約内容の確認と、売買価格の適正面を地元不動産屋と相談した方がいい。

それと・・・・ここでよくケチル人がいますが、それは止めた方がいい。
手数料とはそれなりの仕事に対する対価であり命です。
それ負けろと言われて仕事キチンと出来ますか??
あなたが給与を下げてくれと云われるのと同じです。

whitereareaさん

2015/8/417:50:48

何を知りたいのか明示しないと答えようがありません。
例えば弁護士に依頼したとしても価格については不動産鑑定士に外注します(当然依頼者がギャラ支払います)。だから単純に価格だけ知りたいなら不動産鑑定士だし、税金関係なら税理士でしょう。いくら金かかってもいいから全部任せたいというなら弁護士。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。