ここから本文です

被相続人の直系尊属が相続人となる場合

yoc********さん

2015/7/3111:13:21

被相続人の直系尊属が相続人となる場合

父母も祖父母も生存していればその全員が相続人となる。
どこか間違っていますか?

閲覧数:
47
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

map********さん

2015/7/3114:02:25

詳細は他の方にあるとおりです。

卑属と異なるのは、代襲相続がありません。
例えば父母の内、父のみ存命で、母は既に亡くなっているが「母方の祖父母」がいても、「母方の祖父母」は母の代襲相続はしません。父のみが相続します。

これが卑属の場合、例えば子A.Bがいて、Bは既に亡くなっているがBの子Cがいる場合は、AとCに相続されます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pfl********さん

2015/7/3112:54:09

=================
民法第889条
左に掲げる者は、第887条の規定によつて相続人となるべき者がない場合には、左の順位に従つて相続人となる。
第1 直系尊属。但し、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。
第2 兄弟姉妹
=================
(887条は、子や代襲相続についての規定です)

父母=1親等、祖父母=2親等
よって、親等の近い父母は相続人であるが、祖父母は相続人ではないです。

アバター

ID非公開さん

2015/7/3111:17:53

父母のほうが祖父母より相続順位が高いので、
父母が存命の場合、祖父母はだれも相続人になりません。

少しちがう例に言いかえると、
被相続人の子供と兄弟が全員存命の場合は、兄弟は子よりも相続順位が下なので、兄弟はだれも相続人になりません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

2015/7/3111:15:12

親等が近い方が相続人になるので、父母が健在なら祖父母は相続人にはなりません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる