ここから本文です

技術的に可能かどうかはおいといて

nhg********さん

2015/8/1421:49:20

技術的に可能かどうかはおいといて

(今の技術ではほど遠いので)

この加熱する方法で

偽の真空をつくれたら

ブラックホールはプランク温度に近いのでこの方法でつくれたらブラックホールは既に偽の真空といっている人がいるのですが
あなたはそう思いますか?思いませんか?

10の29乗度

その温度になると時空が不安定になり偽真空の泡ができる。
いつも真空には小さな見えない泡があるがその温度だと大きな泡ができて偽真空になる。

その泡は高次元で膨張し
今の宇宙とはワームホールで繋がるので今の宇宙が壊れたりすることはない。




インフレーション理論の名付け親であるアラン=グース博士が書いた「なぜビッグバンは起こったか」(早川書房)という本の第16章は「実験室での宇宙創造とワームホール」という表題であり、正にご質問のようなことが論じられています。
頭から出来ないと決め付けるのではなく、こうすれば出来るのではないか?と考えるところに科学の発展が生まれるのだと思います。

さて、第16章にどんなことが書かれているかというと、ほんの小さなかけらでよいので「偽の真空」という領域を作り出すことができれば、それがあっという間に膨張して巨大な宇宙に成長するだろうということです。その大きさは、10の-26乗cm程度でよいそうです。「偽の真空」を作り出す方法として、上記の本のP355には、以下のように説明されています。
①ある空間領域を途方もない温度(10の29乗Kほど)にまで熱してから、急速に冷やすことによってつくりだせる。すると、ちょうど初期宇宙がこうなったと私たちが想像するように、この領域は過冷されて偽の真空になる。
②もう一つの可能性として、インフラトン場が、クォークや電子といった普通の粒子と相互作用するらしいという事実を利用するものがある。通常の物質を莫大な密度に圧縮することによって、それを偽の真空状態に押しやるインフラトン場に影響を及ぼすことができる。通常の物質の存在は偽の真空の特性に影響し、インフレーションが起こるのを防ぐ。だから、宇宙を完成させるには、通常の物質をすばやく一掃して、偽の真空状態にインフラトン場だけを残すことが必要となる。

補足あなたはブラックホールは偽の真空にはならないと思いますか?

ブラックホール,インフレーション,真空,インフラトン場,ワームホール,BIGBANG,外部主観

この質問は、hdx********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
43
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hdx********さん

リクエストマッチ

2015/8/1506:13:41

ブラックホールの具体的状態について
外部主観でいろいろ考えても意味がない。

偽真空でも真々空でもどっちでも宜しい。
ビッグバンが起きてようが起きてまいが一緒って事。
自由な発想そのものは否定しませんが。

ブラックホールの物理属性は質量、角運動量、電荷のみ
大きさもないため数学的な考察しかできません。

  • hdx********さん

    2015/8/1507:11:50

    【補足】
    ブラックホールはブラックホールのままです。

    特異点まで落ちてった人が何を見るかは分かりません。
    また何を見ても(例えば偽真空化を見ても)別に構わない。

    お好みでどうぞって事。
    宇宙起源の考察と同じで答えはない。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる