ここから本文です

結果的加重犯の未遂はありますか?

gre********さん

2015/8/2302:02:01

結果的加重犯の未遂はありますか?

例えば「ABCが共同して暴行をし、Dを死なせてしまった」場合、Cが実行の着手後に、離脱の意思を表明し、それが了承され、かつ、ABの行為を積極的に防止し、いわゆる共犯関係からの離脱が認められたとして、Cの罪責はどうなるのですか?

中止犯(43条)が適用されるのですか? でも傷害致死に未遂ってあるんですか?

こんがらがってよくわからないです。

初歩的な質問で申し訳ないですが教えて下さると助かります。

閲覧数:
311
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

han********さん

2015/8/2304:08:28

共同正犯からの離脱は翻意した共犯者が他の共犯者の行為や翻意後に生じた結果について責任を負うか否か、すなわち因果性の切断の問題であり、中止犯の問題は因果性が切断され未遂が成立する場合に翻意した者に刑の減免を認めるかという、犯罪成立後の科刑の問題ですので、分けて考えましょう。

例としてあげているのは、いわゆる「俺帰る事件」ですよね。前提として、死亡結果は離脱前と離脱後の暴行のどちらから生じたか不明ということでよろしいですか?
この場合には共同正犯からの離脱が認められると、その後の暴行やそれから生じた結果については翻意者は帰責されませんから、離脱後の暴行から死亡結果が生じた可能性がある以上、「疑わしきは被告人の利益に」の原則により死亡結果についてはCは責任を負いません。したがって、Cの罪責は傷害の限度で共同正犯、ということになります。

質問した人からのコメント

2015/8/25 22:16:10

ありがとうございました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pqp********さん

2015/8/2310:09:14

ほとんどの結果的加重犯に未遂は観念できない

問題になるのは強盗殺人未遂だけ

これを結果的加重犯と解するか身分犯と解するかにより
結果的加重犯に未遂はあるかどうかが決まる

この議論は事後強盗と違って考える実益がないから答えはない

よって結果的加重犯に未遂はないと覚えてしまうのがカンタンだ

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる