ここから本文です

単相三線式について教えてください。

りりぃさん

2015/8/3115:06:17

単相三線式について教えてください。

今、電気について勉強をしているのですが、
幹線のケーブルサイズ選定の際、
単相三線式で電圧が200-100Vの場合
電圧は100Vで計算してよいのでしょうか。

単相二線式、三線式、三相三線式と
色々と勉強していくにつれ頭の中が整理
できなくなってしまいました。

よろしければ回答よろしくお願いします。

閲覧数:
1,593
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uu0********さん

2015/8/3117:22:45

たとえば、単相三線式200/100V,容量10kVAの変圧器で考えましょう。
200Vの場合、外線間に流れる最大電流Iは
I=10×10³VA/200V=50Aです。
100Vの場合、平衡負荷では中性線の電流は0A、外線には各々I=50A流せます。
なぜなら
10×10³VA/(100V×2回路)=50A/回路
となるからです。
つまり、100V、200Vどちらにしても外線には最大50A流れますから、ケーブルサイズは許容電流50A以上のものとなります。
ところで、平衡負荷の場合はそれで良いのですが、内線規程ではやむを得ない場合は100V負荷の不平衡を、不平衡率40%まで認めています。
これで計算すると、外線に流れる電流の最大値は、このケースの場合、60Aとなりケーブルの許容電流は60A以上となります。
参考までに、設備不平衡率fの計算式は次の通りです。
f=(中性線と各電圧側電線に接続される負荷設備容量の差)÷(総負荷設備容量の1/2)×100%

質問した人からのコメント

2015/9/1 11:37:02

詳しく説明、ありがとうございました。とても参考になり助かりました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ele********さん

2015/9/110:21:42

電圧の選定というところが、ちょっと腑に落ちません。

電線、ケーブル共に規格がありますが、通常の電力線の定格電圧は600Vで、商用電圧を使用する制御線の定格電圧は300Vです。
つまり、低圧の電力線に100Vとか200Vとかの製造規格はありませんので、悩む必要はありません。

電気設備の技術基準の解釈にも、電力線(単相2線式、単相3線式、三相3線式、三相4線式)は、どれもが定格電圧600Vの電線を使用しなくてはならないとされています。

hsp********さん

2015/8/3120:39:05

最大電流(中性線に電流が流れない)は、200Vで計
算します。もっと簡単に言えば、変圧器容量の半分を1
00Vで割ります。

最大は最大なので不平衡は関係有りません。
不平均はあくまでも中性線に流れる電流の大小になります。

鈴木 隼さん

2015/8/3115:20:01

単相3線式で幹線の太さを決めるのは、中性線以外の線に流れる電流値の最大値で決めます、三相三線式も同じです、それぞれに最大電流値を求めましょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる