ここから本文です

ウルトラマンマックスに登場した完全生命体イフについて質問です。 この怪獣は、...

tan********さん

2015/9/121:53:51

ウルトラマンマックスに登場した完全生命体イフについて質問です。
この怪獣は、外敵からの攻撃で、攻撃を倍返し(反射)する特徴があります。

宇宙空間で、キングやノアがイフと遭遇してしまった場合ですが、彼等は攻撃せずに放置しますかね?

あと、イフはどこかの宇宙人の捨てられたペットだったんですか?
それとも侵略用の生物兵器だった可能性もありますかね?
結局、地球に来た理由も分からないまま物語が終了した感じでしたね。

閲覧数:
408
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

www********さん

2015/9/216:23:33

イフは不完全な人類が起こす戦争に対するいわばアンチテーゼであり人類への警告の意味を持たせたものですからウルトラマンキングやウルトラマンノアのように完全な存在には見つけても何もしないし彼らほどの存在ならイフの存在理由や意義も理解している筈です。
もしイフが邪な存在による兵器や陰謀であるなら彼らは見つけ次第ウルトラマン達に知らせるなり封印するなり何処か生命体の居ない場所に放って置くでしょう。
しかしながら遠い地球まで容易に来れるキングや多次元宇宙に干渉出来ると言われるノアですら何もしないのはイフ自体の存在意義を知っているかあるいはかつて何処かの星でイフ自身を見てその意味を知っていたからです。
当然人工物による悪しき存在ならその時点で何かしらの対応を取っているのにそれをしてこなかったという事はイフは宇宙の摂理によって存在する生命体という事です。
例えるなら地球の自然災害はウルトラマンが防いでくれないが怪獣や宇宙人が恣意的に発生させたものは防ぐという事です。
つまりイフは宇宙の自然の摂理の一部であるという事です。
そして摂理である以上イフが地球に来たのは偶然かも知れませんがある意味必然でもあります。
つまり地球に来た時期こそ偶然かも知れませんが宇宙の摂理で動いているのならいずれ地球にイフはやって来たという事です。
イフは要するに宇宙が星に住む人類へ起こす試練でありイフの本質は星に住む人間の心を映す鏡のような存在です。
人間が好戦的であればそれ以上の破壊行動で殲滅し逆ならばその星から飛び立ってまた新しい別の星に行きそこの知的生命体を試す。
従ってイフに対してどういう対処をするかでその星の生命の未来が決まるという事です。
イフがやって来た時人類が最初に攻撃を仕掛けた時点で本来なら地球は終わってたのかも知れませんが盲目の少女の純粋な心で奇跡的に救われたのは「まだ地球は滅びるべき時ではない」という宇宙の大いなる意思の答えではないでしょうか。

質問した人からのコメント

2015/9/3 20:02:36

やっぱりノアやキングは、戦闘は避けるみたいですね。
第三番惑星の奇跡は、今みても感動しますね。
二人ともありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

海蛇。さん

編集あり2015/9/122:17:24

①放置対応が有効ならば、採用するのが定石かと。

②それは視聴者の想像に委ねられている部分デス。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1313509758...

【完全生命体イフ】ウルトラマンマックス:第15話「第三番惑星の奇跡」【月夜に響くショパンの調べ】

●「太陽系第三番惑星…、滅びるにはまだ…、惜しい者達が住む星だ…。」 宇宙から落ちてきた謎の白い物体。
それは、自らが受けた攻撃能力をコピーし、無限に自己進化を繰り返す完全生命体イフであった。

●一方、コンサートの演奏を明日に控え、楽しみにしていた盲目の少女アッコ。
しかし、イフがコンサート会場の公会堂に迫る…。

●マックスをも退け、破壊し尽くされた市街地、半壊状態の公会堂の元、
三日月が浮かぶ夜、眠っているイフと出会ったアッコ。
泣きベソをかきながら、
「怪獣サン、音楽は嫌い? 私はね、大好きなの。」
と、おもむろにピッコロを奏(カナ)でる…。
ショパンの「別れの曲」エチュード10-3ホ長調…。
そのメロディーを耳にしたイフは…。

http://m.youtube.com/watch?v=lr0pW1vm9OM&itct=CDMQpDAYAiITCNrxtsicx...

●「攻撃には攻撃、音楽には音楽か…。世界は美しい…。」
「その世界を、たった一人の女の子が助けてくれた。」

●暴力の連鎖、強力な武器に対抗し、更に強力な武器をという、「血を吐きながら続ける悲しいマラソン」の虚しさ・愚かしさに一石を投じた傑作エピソード。

●対ゼットン戦でのペンシル爆弾等、人類が開発した究極兵器とは真逆の意味で、
地球人が怪獣退治を旨とする超人ウルトラマンを超えた瞬間でした。

●その名前は、畏怖(イフ)、if(もしも)、IFF(identification friend or foe/敵味方識別装置)のトリプルミーニングだとか。

(。・_・。)ノ あでゅ

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる