ここから本文です

カリウムには疲労物質をとる効果はありますか?

jdg********さん

2015/9/1313:00:02

カリウムには疲労物質をとる効果はありますか?

閲覧数:
118
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jdg********さん

2015/9/1400:42:54

青髭は何回レーザー脱毛すれば消えるの?
1月 27th, 2014 | Author: 120per
青髭をレーザー脱毛で消そうとお考えの方へ
世の中には青髭が目立たなくなるクリームやらヒゲが薄くなるローションやらありますが、
ご存知のとおり、青ヒゲを消すには、レーザー脱毛するのが一番早くて確実です。
では、何回レーザー脱毛すれば青髭は消えるのでしょうか?
僕の経験で恐縮ですが・・・
僕自身は人より結構濃いめで青ヒゲもハンパなかったんですが、
レーザー脱毛1回目でかなり青みがなくなって
レーザー脱毛2回目で完全に消えました。
なので、人より相当濃いくらいの人でも、
2~3回もレーザー脱毛すれば、青髭を消すことができると思います。
青髭をレーザー脱毛で消すのにかかる費用

ここでは、青髭を消すのに3回の照射が必要として計算します。
有名な大手のクリニックのヒゲ脱毛料金を調べてみました。
渋谷美容外科の場合、脱毛3回のセットプランがあって、
鼻下の脱毛をする場合は3回で26,000円です。
26,000円で青ヒゲを消すことができるなんて、意外と安いと思いませんか?
東京イセアクリニックは鼻下脱毛の1回トライアルが10000円なので、
3回で30000円ですね。
東京アールズクリニックは鼻下の脱毛3回で32,800円です。
おおよそ3万円前後の費用で、青ヒゲを消すことができるようですね。
青髭をレーザー脱毛で消すならこのクリニックがおすすめ

青ヒゲをレーザー脱毛で消すなら、メディエススキンクリニックか湘南美容外科がおすすめです。
メディエススキンクリニックでは、鼻下の脱毛が回数無制限で何回でもヒゲのレーザー脱毛ができます。
上記は青髭を消すまでに3回で計算して費用を計算しましたが、
もしかしたら山田孝之みたいに人よりものすごく濃い人の場合、
3回では青髭を消し切れず、5~6回は必要になるかもしれません。
そんなとき、回数無制限のプランでしたら、追加料金を支払うこともなく、
青ヒゲが消えるまで安心して何度でも通えるのでおすすめです。
また、湘南美容外科は、口周りのヒゲ全体の脱毛が回数無制限で69800円です。
青ヒゲが一番気になるのは鼻下ですが、口下やアゴも青ひげが目立つ!という方は、
湘南美容外科をおすすめします。
意外と安く青ヒゲって消すことができるんですよね。
あやしげなローションに手を出す前に、レーザー脱毛してしまった方が確実でお財布にもやさしいですよ^^
Posted in aohige-datsumou | Comments Closed

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

shm********さん

2015/9/1323:17:06

青ヒゲは何回くらい脱毛すれば消える?

青ヒゲは、剃った後のヒゲの断面と皮膚の色が重なって青く見えるのが原因です。
ヒゲの濃さによって個人差はありますが、医療レーザー脱毛なら1~2回程度施術を受けることで青ヒゲは消えます。

男性の場合、ヒゲを完璧に無くしたいというよりは
青ヒゲだけ消えればいいという人も多いと思いますので、
格安キャンペーンを利用して一度脱毛を体験してみてはいかがでしょうか?

中にはお試し体験キャンペーンを掛け持ちするだけで青ヒゲを解消してしまう人もいるようです。
(最初にボウズやメンズ脱毛ラボのような格安サロンでヒゲ全体に光脱毛して、その後メンズTBCやダンディハウスで美容電気脱毛で不要なヒゲをしっかり脱毛する。)

青ヒゲで老けて見られたり童顔色白でヒゲが似合わない人は、青髭が消えるだけで印象もガラっと変わって毎日の生活が快適になりますよ^^

管理人の私がおすすめする脱毛方法

本気で髭を無くしたいあなたに、管理人の私が一番おすすめするのは、医療レーザー脱毛です。

医療レーザー脱毛はコスパが良く、脱毛完了までが早いんですね。

医療レーザー脱毛で髭脱毛する場合、多少人より髭が濃いくらいの人なら、だいたい10回前後でほぼヒゲが無くなります。もちろん個人差はありますので、ものすごく髭が濃い男性の場合はもっと回数は必要になります。

10回通うとすると、2ヵ月に1回のペースで通えば2年弱くらいでヒゲが無くなるというわけです。

ちなみに医療レーザー脱毛では、現在ではアレキサンドライトレーザーかダイオードレーザーが使われています。

アレキサンドライトレーザーの方が歴史があり症例数も多く、広く導入されているので脱毛料金が安い傾向があります。

ダイオードレーザーの方が新しく、また痛みが少ないので最近では人気です。ただし脱毛料金はアレキよりも高いです。

なるべく費用を安く済ませたいならアレキサンドライトレーザーでOKですが、痛みに敏感な人や、人よりものすごくヒゲが濃くて、なおかつ剛毛の方は、痛みの少ないダイオードレーザーの方がよいでしょう(アレキでも痛みが我慢できない場合は表面麻酔をしてもらえますが、別料金になります)。

医療レーザー脱毛を始めると、初回~2回目くらいで青髭が目立たなくなり、2年後には髭の悩みから解放されますので、本気で髭を無くしたいあなたには医療レーザー脱毛をおすすめします。


タモリはいかにしてタモリになったのか? 故郷・福岡を歩いてわかったこと
2015年9月12日 6時0分 現代ビジネス
facebookで送る0
twitterで送る0
LINEで送る
NHK総合『ブラタモリ』の9月19日・10月3日放送分では、満を持してタモリの故郷・福岡が登場する。それに先駆けて、新刊『タモリと戦後ニッポン』が話題の著者が、タモリゆかりの地を訪ねた取材秘話を明かす。タモリはいかにしてタモリになったのか?

■坂道と鉄道への興味
私はこの8月に『タモリと戦後ニッポン』(講談社現代新書)という本を上梓した。その執筆にあたっては、福岡を訪ね、タモリゆかりの地を色々とまわった。

タモリが土地の高低差に興味が持つようになったのは、生家の前が坂道で、幼少期には日がな一日、そこを行き来する人たちを観察していたことが原体験としてあるという(『新訂版 タモリのTOKYO坂道美学入門』講談社)。

取材時には、福岡市南区にあるその生家の場所も確認した。いまは家はなく駐車場になっているが、その前はたしかに坂道だった。

ゆるやかなその坂をしばらく登っていくと、貯水池のある平坦な場所に行き着き、周りを小高い丘が囲む。

さらにその奥にある高台には、高宮浄水場、また2007年まではテレビ西日本(フジテレビ系列)の旧本社施設も所在し、中継用のテレビ塔がランドマークになっていたという。

現在、その跡地には高級マンションが立ち並ぶなど、タモリの少年時代とはおそらく景色は大きく変わっているはずだ。それでも高低差に対する彼の関心が、こうした環境から育まれたことはよくわかった。

タモリの母校・福岡県立筑紫丘高校もその名のとおり丘の上にある。学校に向かう急な坂道を登りながら、高校時代のタモリも毎朝、ここを徒歩か自転車で通学していたのだろうかと想像をふくらませた。

取材の際にはこのほか、1972年に福岡を公演で訪れた山下洋輔らジャズミュージシャンとタモリが初めて出会い、伝説の一夜をすごしたタカクラホテル福岡で朝食もとった。

宿泊はしなかったので部屋までは確認できなかったが(そもそも72年当時とは内装もかなり変わっているという)、ロビーやレストランからしてちょっと豪華な雰囲気だ。このホテルを山下や共演した渡辺貞夫たちのために用意したことに、地元の主催者のもてなしぶりがうかがえた。

タモリの母校である小学校・中学校・高校も、タカクラホテル福岡も、また彼が中学時代に牧師の説教聞きたさに通い詰めたという教会も、タモリの生地からは2キロメートル圏内にあった。

ここから最寄の西日本鉄道(西鉄)の平尾駅から電車に乗れば、福岡随一の繁華街である天神まで5分ほどで出られる。タモリはまぎれもなく街の子だったということが、現地を訪れて十分に実感できた。

■「博多」と「福岡」のちがい
福岡の街は「博多」と「福岡」に分けられる。地元の人に言わせると、タモリの生まれ育った地域は「博多」ではなく、「福岡」だという。

これに対してタモリとの共演も多いコメディアン・俳優の小松政夫は、同じく福岡市出身ながら生粋の「博多っ子」である。小松いわく、「博多」とは当地を代表する祭りの一つ、博多どんたくが家から見えるところを指すのであって、タモリの生まれ育った福岡市南区はあくまで「福岡」なのだ(『タモリ読本』洋泉社MOOK)。

歴史的には博多のほうがはるかに古い。

平安初期に完成した歴史書『続日本紀(しょくにほんぎ)』の天平宝字3(759)年3月24日のくだりには、《博多の大津及び壱岐や対馬など要害の地に一百隻以上の船を置いて非常の場合に備える定めになっていますが、現在は使用できる船がなく、すべていざという場合のまにあいません》との大宰府の進言がとりあげられており(直木孝次郎ほか訳注『続日本紀3』東洋文庫)、これが博多の地名が文献に登場した最初の例とされる。

『続日本紀』に記されたとおり、博多は古代より軍事の要衝であり、また遣隋使や遣唐使が出発するなど交通の拠点でもあった。15世紀に守護大名の大内氏が明との貿易を推進して以降は、貿易港・商業地として発展していく。

これに対して、福岡の地名は、江戸開府前後、17世紀初めに筑前藩主となった黒田氏が、当地に築いた城に同氏発祥の地・備前国邑久(おく)郡福岡(岡山県)の名をとって「福岡城」とつけたことに由来する。

以後、那珂川を挟んで西側の城下町は武士の町・福岡となり、東側の町人の町・博多と対峙するようになった。博多っ子のあいだでは、江戸時代の町人の武士への対抗心がいまなお息づき、福岡との違いがことさらに強調されるきらいがある。

『ブラタモリ』の9月19日放送分では、博多誕生の秘密を高低差から解き明かすなかで、博多と福岡の境目にいまも残る痕跡も紹介されるという。

なお、博多と福岡のあいだに位置する形で九州随一の歓楽街・中洲がある。タモリの初期のレパートリーであるデタラメな講義をする助教授は、「中洲産業大学」なる架空の大学に勤めているという設定だったが、その名はもちろん故郷のこの地名からとられている。

那珂川の河口部に位置する中洲は、明治時代に入って企業や公共施設があいついで建設され、もともとはビジネス街として発展した。それが明治末の1910年の福博電気軌道(のちの西鉄市内線)の敷設を機に、ビジネス街の機能は現在の天神地区へと移っていく。

前後して1897年には中洲検番が開設され、ここから中洲は芸者屋・待合・料理店の三業種の営業が許可された「三業地」となる。江戸時代以前からの遊里ではなく、歓楽街としては比較的歴史は浅いのだ。

詳細については拙著『タモリと戦後ニッポン』でも触れているが、のち太平洋戦争の開戦前夜に満洲(現・中国東北部)から一族で引き揚げてきたタモリの祖父は、中洲検番に「趣味で」勤め、芸者の手配をしていたという。

■福岡は「捨てやすい故郷」
博多の地名の由来には、「船の泊(は)てる潟=泊潟」「港湾が博(ひろ)く、物資が多い=博多」「海岸線が鳥の羽を広げた形である=羽形」「日本の西の橋にある潟=端潟」と諸説あるが(梅林孝雄『福岡県地名考』海鳥社)、海岸・港湾を見立てての命名であることは間違いないようだ。

拙著では、タモリが早稲田大学を中退していったん帰郷し、中洲のフルーツパーラーにバーテンダーとして勤めていたころ、よく店を抜け出して博多港に船を見に行っていたという証言も紹介した。のちに一級小型船操縦士免許を取得し、ヨットを所有するタモリだが、このころから船好きだったのだ。

古くより船が出入りし、外から来る人を受け入れてきた福岡は、一方で去る者を追わないどころか戻ってくる者も拒まない土地であるらしい。

かつてタモリは、同じく福岡県出身である劇作家・演出家のつかこうへいの「福岡は一番捨てやすい故郷」という発言に触れたうえ、次のように語っていた。

下のじんって馬鹿を漂白剤につけて
洗濯した押したいわ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる