折りたたみ傘について 昔から3つ折り式の折りたたみ傘が苦手です。 きれいにたためないし、いったん開いてしまうと、 持ち運んだり傘立てに入れたりするのが難しい場合がありますよね。

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さま、ご回答ありがとうございました。 3つ折り傘が一般化した理由がよく分かりましたが、 2つ折り傘の情報をいただいたbaniraaisu2014さんを、 ベストアンサーにさせていただきます。

お礼日時:2015/9/7 23:16

その他の回答(3件)

2

3つ折りが良いのは、3つ折りは、軽いので、みんなカバンに入れて、晴れの日も持ち歩くでしょう。 製造している方にとっては、それが良いのですよ。 カバンの中で、徐々に傷んで、壊れてくれます。 傘購入の回転率もよくなります。 3つ折りの方が、儲かるのですよ。

2人がナイス!しています

0

折り畳み傘は「予備装備」として設計されるので、降雨時の使用感や取り回しやすさよりも「晴天時に存在感をなくす、使わない時に効果を発揮する影の存在」が仕様とされているでしょうね 自動車の予備タイヤみたいなものでしょう

1

確かに最近は3つ折りばかり見ますが、 2つ折りも製造はまだされているようですよ。 3つ折りが主流になったのは、かさばらんので鞄などへ入れやすいから、 のようです。

1人がナイス!しています