ここから本文です

あえて、語学の試験を受けない人いますか?

che********さん

2015/9/1110:05:26

あえて、語学の試験を受けない人いますか?

・留学経験無し
・駐在経験無し
・渡航はちょっとした旅行があるか、無いか
・仕事も中国語と関係なし
・大学の学科も全く違う
・親族は日本人


こういった条件の中で、国内で勉強する場合多くの人はHSKや中国語検定を受験すると思います。

あえて受験せず、勉強を続けてそれなりのレベル(特に会話)になった人はいますか?(ご自身でなくても、知人・聞いた話でも結構です)

閲覧数:
194
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mat********さん

2015/9/1620:28:01

検定試験の取得がコミュニケーション能力の高低と直結する訳ではありません。現に中国人の大半は中国語検定なんて取得してません(笑)。母国語でない言語を質問者様の条件下でどれ程上達出来るかは、当然本人次第です。
ただその上でも、やはり検定試験の活用を強く勧めます。
私は30歳を過ぎてから、なんとなく趣味で中国語を始めました。最初はあまり本気でもなく時間がある時に、テキスト形式の会話集を少しずつCDを聴いて覚えていき、完全独学と決めていたため、学校や検定試験にも全く興味ありませんでした。1年半ほどである程度身につき旅行でも簡単な会話は出来るようになったものの、そこから先のステップに進もうと思っても、書店を覗けばわかるように中国語の場合中級程度の教材がかなり少なく、しばらく学習が進みませんでした。そんな折、中国語検定3級の教材を手にとると、知識としてあやふやだった箇所や単語も見事に整理されており、数ヶ月間学習し3級に挑戦しました。それをきっかけに更に意欲が高まり約2年を経て今年準1級を取得しました。これらの学習を通して、読解、作文、リスニングが飛躍的に高まったばかりでなく、旅行回数の増加、中国ドラマや映画鑑賞、日本にいる中国人との交流など実践で試す機会も積極的に求めるようになりました。
結論を言うと、少なくとも日本で独学をする上においては検定試験は自身のモチベーションを高めるための絶好のツールです!検定料が高いと言っても何万円もする訳ではないし、向上心があるなら試験にも興味を持つのは普通です。協会が営利目的とかそんなことは学習者に関係ありません、自分を高めるものとして是非利用してください。

質問した人からのコメント

2015/9/17 21:25:38

ありがとうございました。
多くの人は、受験の意味はレベルを知ることと言います。
しかし、私は貴方と同じ意見でした。
それは同じく独学だからなのかもしれません。
少しそれてしまいましたが、やはり受験をレベルアップの手段として今後も利用したいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2015/9/1111:26:29

受験することと学力の向上には何も因果関係は無いと思います。受験のために頑張れるという二次的効果はあります。でもそんな人に限って途中でプッツンになる可能性が大きいです。目標達成したら自己満足しちゃうわけですよ。
そもそも試験なんて本人の学力をほとんど反映してませんよ。おおむねのことはわかりますが。自分がどの程度の位置まで向上したのかくらいですね。
現実に下級者のほうが上級者よりも現地の人と意思の疎通が良くできる人なんてざらに居ます。上級者でも全く話せない人が居ます。だから受験をした、しない、する、しないは学力向上とはほとんど無関係だと思います。そんなわけで、受験してない人間のほうが圧倒的に多いはずです。第一あんなに高い金額を払うなんて無駄です。商業化された試験で商売人に騙されて無駄なカネを浪費せずカネは有効に使いたいもんですね。実力試しならネットで無料サイトを探してやれば十分です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる